NEW

旭川・中学生イジメ自殺事件の闇…校長は隠蔽・対応放棄、道警と地元メディアは黙殺

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
旭川・中学生イジメ自殺事件の闇…校長は隠蔽・対応放棄、道警と地元メディアは黙殺の画像1
北海道警察(「Wikipedia」より)

 恐ろしいほどの隠蔽体質に、驚きが広まっている――。

「文春オンライン」のスクープで明るみに出た、北海道・旭川市の女子中学生イジメ自殺事件。今年2月に命を絶った廣瀬爽彩さんが、転校前に通っていた旭川市立北星中学校で上級生グループから、わいせつな動画の撮影を強要され、その画像をSNSで拡散させるというイジメを受けていた事件だが、爽彩さんが2年前に自殺未遂を起こしていたことを地元メディアが報じていた。

 月刊誌「メディアあさひかわ」(月刊メディアあさひかわ)は、19年9月発売号でこの問題を追及。同誌によれば、当時、事態を把握した北海道警察や旭川市教育委員会は、北星中に対して適切な対応を求めたものの、学校側は「いじめはなかった。男子生徒らの悪ふざけ」(同誌より)などとして、当時の校長を中心として、おざなりな対応に終始していたという。

 自殺未遂が起きた当時の北星中学校長は「文春」の取材に対し、「(イジメに)至ってないって言ってるじゃないですか」と発言。さらに、爽彩さんが同校生徒から不適切な動画の撮影を強要されていたことについて、「今回、爽彩さんが亡くなった事と関連があると言いたいんですか? それはないんじゃないですか」などと話している。

「旭川市の西川将人市長は今月22日になってようやく、市教委に調査を指示しましたが、もし『文春』報道がなければ、学校も道警も市教委も、自殺の原因をひた隠しにしたままで、真相は完全に闇に葬られたままになっていたでしょう。『メディアあさひかわ』の報道もあり、自殺未遂の件は道警記者クラブ所属の主要メディアは把握していたにもかかわらず、爽彩さんが2月に自殺して以降、『文春』報道を受けて旭川市が公に動き出すまでの約2カ月間、まったくといっていいほど報じていないのも問題でしょう。

 特に地方では、記者クラブ加盟メディアは警察や県・市などの自治体の意向に逆らうと情報をもらえなくなるので、言いなりになりやすい。今回の件でいえば、情報が出てしまい事を荒立てたくない道警に、地元メディアがこぞって加担してしまったという構図が浮かんできます」(全国紙記者)

 また、メディア関係者はいう。

「道警は、爽彩さんの自殺とイジメに関する問い合わせに対し、『記者クラブ加盟社以外のメディアには答えない』と対応を拒否しています。コントロールが効かないメディアに知られると不都合なことでも、あるのでしょうか。“あくまで学校側と市教委の問題”として終わらせたい道警の姿勢を感じます」

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合