NEW
高安雄一「指標でみる韓国経済の今」

韓国の景気、実は昨年夏ごろから着実に回復していた…鉱工業生産指数から浮かぶ実像

文=高安雄一/大東文化大学教授
【この記事のキーワード】

, ,

韓国の景気、実は昨年夏ごろから着実に回復していた…鉱工業生産指数から浮かぶ実像の画像1
「Getty Images」より

 景気を測る指標としては国内総生産(GDP)が最も知られており、公表されるとニュースで大きく取り上げられる。GDPは国内で生産されたあらゆる種類の財・サービスをカバーしており、まさに一国の経済活動を測るための最も優れた経済指標といえる。

 しかし政府をはじめとして時々刻々と変化する景気の動きを追う者は、GDPより鉱工業生産指数の動きに注目することが多い。「鉱工業生産指数」は、あまり馴染みのない指標である。公表されれば新聞には出るが、その扱いは地味以外のなにものでもない。そのような地味な経済指標であるが、景気判断を仕事とする者が、景気を判断する上で最も注目する指標のひとつである。

 景気を判断するうえで鉱工業生産指数が注目される理由としては、毎月公表される速報性のある指標であることに加え、景気の動きに敏感なことが挙げられる。GDPは3カ月に1度しか公表されず、毎月変動する景気の動きを追うために十分な公表頻度とはいえない。一方、鉱工業生産指数は毎月公表されるうえ、翌月末に公表され速報性に優れている。また鉱工業生産指数は、主に製造業しかカバーしていない。しかし、製造業は景気が良くなると生産が大きく増え、景気が悪くなると生産が大きく減るなど、景気に対して敏感であり、景気の状況にかかわらず生産があまり変化しないサービス業とは大きな違いがある。よって鉱工業生産指数は、製造業に特化した指標であるがゆえに景気に敏感なのである。

 さて日本では、この鉱工業生産指数は景気の動きを追う者にとって重要な経済指標であるが、韓国でも同じ名称であり、中身も日本の鉱工業生産指数とまったく同じ経済指標がある。そして韓国でも景気の動きを把握するうえで最も有用な経済指標と考えて差支えがない。

 そこで、今回はこの鉱工業生産指数で最新の韓国の景気の状況を判断してみよう。

「3カ月移動平均」で読む

 まず、去る5月31日に公表された最新値である2021年4月の鉱工業生産指数(季節調整値。以下、同じ)の前月比はマイナス1.6%であり、3月はマイナス0.9%であったため2カ月連続のマイナスとなった。鉱工業生産指数の前月比がプラスであれば景気は上向いており、マイナスであれば景気は下向いていると考えられる。よって2カ月連続でマイナスということは景気が後退しているかもしれないと考えることもできる。

 ただし鉱工業生産指数に限らないが、経済指標が滑らかに動くことはそれほど多くなく、毎月の振れが観測されることが多い。何らかの要因で、たまたまある月に生産が多いとその翌月は反動でマイナスになることもある。よって経済指標をみる際にはトレンドを把握することが大切である。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合