NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~【絶望の自衛隊・6】

自衛隊、隊内で性的暴行受けた女性自衛官に「嘆願書」承諾を強要…事件を隠蔽の意図か

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

自衛隊、隊内で性的暴行受けた女性自衛官に「嘆願書」承諾を強要…事件を隠蔽の意図かの画像1
陸上自衛隊の師団側が作成し、Aさんに承諾するように求めた「嘆願書」(文書全体は2ページ目に掲載)

 元自衛官で20代女性のAさんが、昨年7月に北海道の矢臼別演習場での訓練中に40代の男性幹部自衛官Bから性的暴力を受けた強制性交事件について、その実態と、陸上自衛隊の情報管理の甘さについて見てきた。

 今回は事件に関するAさんへの聴取内容が部隊内に漏えいした原因に加え、自衛隊側がBに懲戒免職処分を下す直前、Aさんに処分公表を見送ることに同意させる「嘆願書」を手渡していた事実について明らかにする(記事中の階級は当時)。

中隊長が聴取内容書いた書類を机の上に放置、隊員全員が閲覧可能に、誹謗中傷に拍車

 前回、警務隊によるAさんへの聴取内容がダダ漏れになり、誹謗中傷される原因になっていることについて報じた。本来、聴取内容は警務隊をはじめ、ごく一部の人間しか知り得ないはずである。Aさんへの取材によると、中隊長が隊内の自分の机の上に、聴取内容が書かれた書類を隊員全員が閲覧できる状態で放置していたことが原因だという。その書類を閲覧した隊員の間で噂話が広がっていった。

 この中隊長は動画投稿SNS「TikTok」の熱心なユーザーであり、Aさんに対する聴取直後に自分の動画を投稿するなど、およそAさんの性被害に真剣に向き合っている姿勢とは思えなかったという。Aさんはこの中隊長について現状報告をしなければならなかったが、事件について必要以上の内容の報告を求められ、話すとそれが隊内に広がり、誹謗中傷に拍車をかけていた。

 さらに、Aさんの母親とも被害への対応などをめぐってLINEで連絡を取っていたが、「いっしょにご飯を食べに行こう」などと、Aさんの事件とまったく関係ないメッセージを送っていた。Aさんの母親は奇異に感じ、その後の連絡は控えるようにしたという。

 性暴力の被害者への聴取内容はプライバシーの最たるものである。犯行について被害者に語らせる行為はセカンドレイプとも呼ばれ、被害者に大きな精神的苦痛をもたらす。その点からすれば、直接聴取する警務官にすら話すのが辛い内容であり、それを万人が見られるような状態にしておくとは、明らかに不適切である。

 中隊長だけでなく、直属の上司である営内班長に対してAさんが電話で報告した内容も漏えいしていた。この班長も聴取内容を閲覧できたが、風呂場で内容を別の隊員に漏らしているのが目撃されている。

警務隊の人事制度

 今回の事件では、自衛隊内の警察にあたる警務隊の聴取が、Bの「同意があった」という発言に引きずられ、被害者であるAさんに過度に圧迫的になっていたことについては前回指摘した。これには警務隊の人事システムが関係あるという。以下は防衛省幹部の解説。

「警務官は自衛官が陸曹段階で選択して就任するため、自衛隊内の階級秩序に縛られることが、今回の圧迫的な聴取の原因だと考えられます。警務隊は指揮系統上、防衛大臣直轄ですが、現場レベルでいうと階級が上の人間にはどうしても弱い。例えば、Aさんのように自分よりも階級が低い自衛官には積極的に聴取できますが、Bのような幹部自衛官となると『俺より階級が下のお前らがエラそうに』と凄まれれば躊躇するのが実態です。

 まして、相手が将官といった高級幹部だった場合、不祥事を積極的に取り調べることなど不可能に近い。今回の事件についても、階級が自分たちより上のBが『同意があった』と言った以上、それを覆してAさんの見方をするより、Bの発言を前提とした結論に持って行くほうが無難で保身につながると考えた疑いが濃厚です」

 不祥事を取り締まるべき警務隊が自衛隊内の階級制度に縛られている限り、公正な監視体制が実現することは困難だ。隠蔽体質をなくすためにも、自衛官と人材育成システムを別にするなど組織改編が必要だろう。

自衛隊、幹部へのコネの有無で違いすぎる待遇

 自衛隊の階級社会の悪弊が出るのは、警務隊だけではない。今回の事件では、幹部へのコネの有無で懲戒処分への大きく違いが出る体質も明らかになった。

 Aさんは聴取が始まった後、昨年10月に自衛隊OBなどからなる自衛隊援護協会に被害を相談したところ、あるOBが懲戒処分の検討状況について自衛隊側に確認してくれることとなった。その結果、少なくとも10月下旬の段階では、Aさんが所属していた北部方面隊第7師団第7特科連隊を管轄する北部方面総監と7師団長は、事案を把握していなかったことが明らかになったという。OBの間でこの件が話題になり、それが北部方面総監の耳にも入り、聴取が円滑に進むようになった。Aさんは「もし自分が援護協会に相談しなかった場合、自衛隊側はBを懲戒免職処分にせずに、懲戒処分にして残留させていた疑いが相当強い」と憤る。

 当然だが、訓練中の強制性交事件は重大案件である。北部方面総監が事案発生から約3カ月も経過して把握すらしていないというのは本来あり得ない。Aさんが前出のOBから聞いたところによると、「中隊から上がってきた報告書では、相違点や不審な点がいくつもある文書であった」という。少なくとも連隊などで、もみ消しの動きがあった可能性もある。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合