NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~【絶望の自衛隊・3】

湯浅陸幕長、不祥事の揉み消し常態化…処分受けた隊員が昇進、自衛隊の統合運用を妨害

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

湯浅陸幕長、不祥事の揉み消し常態化…処分受けた隊員が昇進、自衛隊の統合運用を妨害の画像1
湯浅悟郎陸上幕僚長(陸上自衛隊のHPより)

 防衛省は12日、今月26日付で、陸上自衛隊トップの湯浅悟郎陸上幕僚長が退官し、後任に吉田圭秀陸上総隊司令官を昇格させる幹部人事を発表した。筆者はこれまで、湯浅氏が陸自のパワハラ体質を象徴する人物と報じてきたが、防衛省上層部はさすがに危機感を強めたのか、「湯浅色が一掃された人事」(防衛省幹部)となった。退官間近となった湯浅氏だが、筆者の取材の結果、数々の不祥事を隠蔽してきた事実が明らかとなった。次の吉田体制で少しでも陸自の体質が改善されるよう、湯浅氏が現役の間に公表する。

筆者に届いたA4の2枚の告発状

 湯浅氏については、これまで本サイトで、日米共同訓練に不参加を決め込んだことや、予算要求に個人的な意向をさしはさみ防衛省上層部を激怒させ更迭が決定した経緯について報じてきた。そんな折、今月初旬に筆者の下に封筒に入ったA4の2枚の告発状が届いた。以下、適宜引用する。

陸上自衛隊、特に陸上幕僚長の横暴は、もう限界で目に余ります。(中略)私たちは、特に陸幕長案件で惨めな思いを強いられましたので、その真実をお話ししますので早く世論の力でなんとかしてください」

 全体として、誤字がみられるなど文面の粗さから告発者の切迫した様子が伝わってくる。

 最初に「将官級の高級幹部自衛官の再就職違法問題の当事者たちの処遇について」と書かれた箇所をご紹介しよう。

違法行為で処分を受けた自衛官がむしろ出世

 この問題は筆者がすでに報じたように、防衛省が昨年7月、将官級の高級幹部自衛官の再就職を違法にあっせんしたとして、陸幕の募集・援護課の職員らを停職などの懲戒処分にした際、湯浅氏が処分を受けた職員に「君たちは悪くない」とかばったというもの。これについて告発者は以下のように内情を吐露する(表記や表現的な誤りはママ)。

「違法問題において、陸募長は全く反省していない。その理由は、処分を受けた当時の久保募集・援護課長は、あろうことか陸将補へ昇任し、現在東千歳で第1高射特科団長と勤務

 さらに、当時直接援護を担当していた矢野援護班長も、豊川で駐屯地司令の第10特科連駅長と勤務

 現在も、高級幹部自衛官の援護は、 証拠を残さないように指示し継続

 これを見ても、陸上自衛隊が全く反省せず、むしろご褒美ではないですか」

 この久保、矢野両氏はそれぞれ、久保勝裕陸将補、矢野秀樹1等陸佐のことで、この告発通り、久保氏は北海道東千歳で第1高射特科団長矢野氏は昨年8月25日付で第10特科連隊長兼豊川駐屯地司令と、処分などなかったかのように順風満帆に出世コースを歩んでいる。湯浅氏のえこひいきが反映されたのは明らかで、公正な人事制度の原則を犯すものであることはいうまでもない。処分を受けても陸幕長の覚えがよければ出世できるのだから、違法行為を反省する気持ちなど芽生えるはずがない。

 湯浅氏がこういう状態だから、この「現在も、高級幹部自衛官の援護は、証拠を残さないように指示し継続」していると考えざるを得ない。「陸上自衛隊が全く反省せず、むしろご褒美ではないですか」という指摘は正しい。

前任ポストで部下の不祥事を放置、公益通報揉み消しでかばう

 さらに、この告発状が届いたのと同時期、筆者のツイッターのDMを通して情報提供が相次いだ。いずれも湯浅氏の西部方面総監時代(2017年8月~2019年3月)の不祥事揉み消しについてのもので、こちらも紹介しよう。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合