NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~【絶望の自衛隊・2】

湯浅陸幕長の暴走、更迭か…閣議決定を無視し予算要求せず 後任候補の「入浴祭り」事件

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

湯浅陸幕長の暴走、更迭か…閣議決定を無視し予算要求せず 後任候補の「入浴祭り」事件の画像1
「陸上自衛隊 HP」より

 陸上自衛隊トップの湯浅悟郎陸上幕僚長が3月の人事で更迭されるとの観測が強まっている。閣議決定された現行の中期防衛力整備計画で輸送力強化のために陸自が輸送艦艇を取得することになっていたところ、「個人的な意向」で取得を拒否し予算要求すらしなかったことが、文民統制の大原則から逸脱したと岸信夫防衛相以下、防衛省上層部が判断したためだ。

 本連載第1回目で報じた通りになったわけだが、湯浅氏が後任として推す竹本竜司西部方面総監も防衛大出身特有の悪しき体育会系の伝統を色濃く継承しており、陸自トップとしての資質が疑問視されている。

岸防衛相、異例の記者発表で怒りを露わ

「岸防衛相は異例の時期に輸送艦艇の配備について記者発表をして、湯浅陸幕長のワガママは許さんぞという意思を示した」。2月16日の閣議後記者会見で岸氏が輸送艦艇の取得を発表したことの背景について、ある防衛省幹部はこう話す。

 この輸送艦艇は、中国公船が領海侵入を繰り返す沖縄県・尖閣諸島周辺の離島への弾薬や燃料、食料の供給網を構築するのが狙いだ。南西諸島に配備し、陸自の部隊に物資を運ぶ中型と小型の輸送艦計3隻を2024年に導入するという。18年12月18日に閣議決定された現行計画には「島嶼部への輸送機能を強化するため、中型級船舶(LSV)及び小型級船舶(LCU)を新たに導入する」と明記されている。この輸送艦は計画の最終年度の23年度末までに当初、配備される計画だったため、計画通りに進めることを改めて周囲に示した格好だ。先の防衛省幹部はこう内幕を明かす。

「通常この規模の輸送艦であれば、契約後3年かけてメーカーに代金を支払う形を取るので、23年度に間に合わせるためには、今20年度中に予算要求をしておかなければ間に合いません。湯浅氏のワガママでこれまで予算要求されていなかったことに気付いた岸防衛相が、整備計画を絶対に遅らせてはならないという意思表示をし、湯浅氏の責任を明確化したというわけです」

 もし湯浅氏が来年度での予算要求をしていれば、改めて記者会見で示す必要はまったくない。会見前の14日に事前報道があったが、あえて防衛官僚がリークすること自体、湯浅氏の「個人的意向」を許さないという防衛省上層部の強い意志の表れだろう。陸幕長などの幹部級人事は3月に出るが、岸氏から不信感を持たれた湯浅氏は順当に退官するとみられている。

湯浅氏の後任は時代錯誤の「入浴祭り」を承認

 さて、湯浅氏の後任の有力候補として名前が挙がっているのは、竹本竜司西部方面総監だ。防衛大電気工学科出身で、湯浅氏の後輩にあたる。竹本氏については「技術畑のため、湯浅氏、戒田氏のようなパワハラ気質ではない」(陸自幹部)という。ただ、「戦略眼に乏しく物事の優先順位をつけられない」(防衛相幹部)ため、陸自トップとしてはふさわしくないとの評判が少なくない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合