NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~【絶望の自衛隊・5】

女性自衛官が幹部自衛官から性的暴行、警務隊の不適切な聴取で「うつ病」に…階級重視の犠牲

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

女性自衛官が幹部自衛官から性的暴行、警務隊の不適切な聴取で「うつ病」に…階級重視の犠牲の画像3
陸上自衛隊のサイトより

 前回の記事では、元自衛官で20代女性のAさんが、昨年7月に北海道の矢臼別演習場での訓練中に40代の男性幹部自衛官Bから性的暴力を受けた被害の実態について詳述した。Aさんは被害を自衛隊内の警察にあたる「警務隊」に報告したが、その際の警務隊のずさんな対応について、今回は明らかにする(階級は事件発生当時)。

被害者と加害者を同じ隊舎に置こうとしたため、母親が駐屯地外に移すことを要請

 BがAさんへの犯行後も女性自衛官が寝ているテントにまで来てちょっかいを出すなどしたため、他の女性自衛官への被害を懸念したAさんは、犯行から4日目の30日午前10時ごろに中隊長(男性)などから事実確認と聴取を受けた。そして警務隊に出動要請が出され、その日の夕方に演習場に到着した。

 事件に関係のあるテントや犯行現場となった自衛隊の専用車両が差し押さえられ、Aさんは女性警務官に保護されながら、近くの産婦人科で緊急受診した後、演習場へ帰隊した。演習最終日の31日午前8時ごろに撤収作業が始まり、中隊長Cなどとともに管理隊舎に移動した。夕方16時前にAさんは警務隊からの聴取を受け、終了後にBが同じ隊舎に居ることを告げられた。Bは手錠などがかけられているわけではなく、あくまで警務隊の監視下に置かれているだけだった。隊長がAさんの母親に事件が起きた旨や今後の流れなどを連絡したところ、Bが同じ隊舎にいることを知った母親は、Aさんを演習場外の民間宿泊施設に移すことを提案し、許可された。

 8月1日昼頃からAさんへの聴取が釧路駐屯地内の警務隊室で本格的に始まり、事実確認及び被害届提出、事件当時に身につけていた衣類の提出などが行われた。4日にそれまでの聴取内容に基づいて書類が作成され、Aさんは5日から夏季休暇に入った。10日後の15日、大隊長、中隊長が実家へ来て、母親へ事実報告がなされ、Aさんは16日に中隊長と共に駐屯地へ帰隊した。

「合意があった」という噂広まる、警務隊もそれを前提に取り調べ

 17日から連日の聴取が再開されたが、Aさんに対する同僚の自衛官の反応は冷淡だった。帰隊したその日、風呂場で女性自衛官から「Bに昇任のために媚びを売ったのではないか」と悪口を言われ、「Bと合意があった」というような噂が広がっていった。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合