NEW
松岡久蔵「空気を読んでる場合じゃない」~CAが危ない!ANAの正体(20)

CAが空港で検疫補助業務、PCR検査せず国際線乗務…委託元の厚労省「確認を行っていない」

文=松岡久蔵/ジャーナリスト
CAが空港で検疫補助業務、PCR検査せず国際線乗務…委託元の厚労省「確認を行っていない」の画像1
菅総理と田村厚労相(首相官邸のHPより)

 本連載では前回ANAホールディングス(HD)が政府から受注した成田空港国際線での検疫補助業務で、業務を実施するANAHD完全子会社のエアージャパン(AJ)のCAが業務後にPCR検査を受けずに国際線に乗務している実態をANAHDが認めたことについて報じた。今回は、この検査体制は菅政権が「公認」したものであることを示した上で、制度設計した厚生労働省の見解をご紹介する。その上で、今回のずさんなコロナ検査体制が政府とANAHDの無責任な姿勢の産物であることを明らかにする。

ANAHD受注の検疫補助業務について、立憲民主党が質問主意書提出

 先の6月16日に閉会した通常国会で、立憲民主党の中谷一馬衆議院議員が、検疫補助業務についての11日付の質問主意書を国会に提出していた。質問主意書は国会議員が政府に対して書面で質問するもので、2週間の回答期限の後、閣議決定を経た正式見解が回答として公開される仕組み。今回は25日付で回答が返ってきた

 質問は以下の通り。

(1)検査補助業務において、検査補助業務終了後に補助業務の従事者に対してPCR検査を実施しているのか、詳細について政府の把握するところを確認したい。

(2)検査補助業務の従事者の中に国際線業務に従事する客室乗務員は含まれているのか、詳細について政府の把握するところを確認したい。

(3)検査補助業務に従事した客室乗務員が検査補助業務終了後にPCR検査を受けずに、国際線業務に臨んでいると報じられているが、このような事実があるのかについて、政府は確認を行っているのか、所見を伺いたい。

(4)検査補助業務に従事している航空会社職員は、検疫所の指導のもと、それぞれの場所に適した感染防護具等を使用し、乗客の誘導や質問票等の関係書類の確認を行っていると認識しているが、これらの感染防護具等は、航空会社から支給されているのか、それとも職員自らが用意しているものであるのか、詳細について確認したい。

菅内閣「PCR検査を実施してない」、CAが業務従事「把握してない」

 これについての菅義偉総理名義の政府回答は以下の通り。

「(1)について。御指摘の「検査補助業務」の具体的に意味するところが必ずしも明らかではない が、成田空港検疫所は、同検疫所において実施する新型コロナウイルス感染症に係る検疫に関す る業務を補助する業務の一部(以下「補助業務」という。)を航空会社等に委託しているとこ ろ、補助業務に従事する者に対し、PCR検査を実施していない。

(2)と(3)について。御指摘の「検査補助業務」の具体的に意味するところが必ずしも明らかではないが、成田空港検疫所と航空会社等との補助業務に関する契約において、同検疫所において実施する補助業務に従事する者の属性については指定しておらず、「国際線業務に従事する客室乗務員は含まれているのか」とのお尋ねについては把握していない。また、「このような事実があるのかについて、政府は確認を行っているのか」とのお尋ねについては確認を行っていない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合