NEW
永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報

総選挙前に公明党議員の事務所に家宅捜索、なぜ今?東京地検特捜部の最大限の“配慮”とは

文=神澤志万/国会議員秘書
【この記事のキーワード】

, , , ,

総選挙前に公明党議員の事務所に家宅捜索、なぜ今?東京地検特捜部の最大限の配慮とはの画像1
公明党本部(「Wikipedia」より)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 永田町激震!……というほどではないですが、8月4日に東京地検特捜部が公明党議員の議員会館内の事務所などの家宅捜索を行いました。与党の議員事務所が捜索されるのは、なかなかないと思います。

 報道などによると、今回の捜査の対象となっているのは、公明党の吉田宣弘衆議院議員の政策秘書と、太田昌孝衆議院議員の元政策秘書です。この2人は、以前はともに遠山清彦前衆議院議員の秘書を務めており、遠山前議員と日本政策金融公庫からの融資を無登録で仲介した貸金業法の疑いがあるそうです。遠山前議員の現在のコンサルタント事務所なども捜索されていますね。

 遠山前議員といえば、緊急事態宣言下の今年1月に深夜に銀座のクラブを訪れていたことが発覚して、2月に議員辞職しています。吉田議員は遠山前議員の辞職に伴って比例で復活当選し、秘書も引き継いだのですね。

 遠山前議員は、「あの」太陽光発電関連会社・テクノシステムともかかわりがありました。同社の社長はすでに詐欺罪などで起訴されていますが、財務副大臣時代の遠山前議員に政府系金融機関の窓口紹介を依頼しており、秘書が担当者の紹介などにあたっていたことが報じられています。

 なので、吉田議員と太田議員は関係なく、お気の毒ですね。それぞれ「お騒がせとご心配をお掛けし、おわびする。事案の全容解明のため全面的に協力する」(吉田議員)、「私自身は全く関与していないものの、ご心配をお掛けし心よりおわびする。捜査には引き続き全面的に協力する」(太田議員)とコメントを出されています。

 8月4日の朝は、議員会館に出勤したら記者らしき方がたくさん来ていて、メインの入り口にはカメラを構えた方も多く、「暑いのに大変だなあ。何の取材かな?」とは思っていました。

 そうしたら、秘書仲間から「今日、東京地検が議員会館の事務所にガサ入れ(家宅捜索)するらしいよ。衆議院第1議員会館の9階と11階だって」と連絡がきました。「へえ、どこだろうね」と言っているうちに、吉田議員と太田議員の事務所であることがわかりました。

 それにしても、なぜ検察は家宅捜索の情報を事前にマスコミにだけリークするのでしょうか。当事者としては、突然ノックもなしに検察の人たちがぞろぞろ入ってくるのは怖いですよね。

 今回の捜査は、コロナ禍だからか、家宅捜索を受けている事務所前の廊下は通行止めとなり、通ろうとする人たちにはガードマンが行き先と目的を聞いていました。

 以前は捜索中に記者たちが事務所前の廊下にたむろしていたので、そうならないように整理しているのでしょうが、居場所がない記者たちがエレベーターホールに待機していたので、正直とても邪魔でしたね。

東京地検が「8月4日」を選んだ理由

 秋に総選挙を控えての事務所捜索で、公明党幹部は頭を抱えていると思います。イメージを大事にする政党ですからね。

『国会女子の忖度日記:議員秘書は、今日もイバラの道をゆく』 あの自民党女性議員の「このハゲーーッ!!」どころじゃない。ブラック企業も驚く労働環境にいる国会議員秘書の叫びを聞いて下さい。議員の傲慢、セクハラ、後援者の仰天陳情、議員のスキャンダル潰し、命懸けの選挙の裏、お局秘書のイジメ……知られざる仕事内容から苦境の数々まで20年以上永田町で働く現役女性政策秘書が書きました。人間関係の厳戒地帯で生き抜いてきた処世術は一般にも使えるはず。全編4コマまんが付き、辛さがよくわかります。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合