NEW
小林敦志「自動車大激変!」

C8コルベットに試乗して実感したGMの“懐の深さ”とは?ホンダはNSXの生産終了へ

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

C8コルベットに試乗して実感したGMの懐の深さとは?ホンダはNSXの生産終了への画像1
新型「シボレーコルベット」

 前回、「シボレー コルベット」が8代目(C8)となる新型で、それまでのFRレイアウトからMR(ミッドシップ)レイアウトに変更し、いわゆる“スーパーカースタイル”を採用する大胆なモデルチェンジを行ったことについて述べた。

 筆者は、そのC8コルベットの3LTに試乗する機会を得た。試乗したのは、トーチレッドという、ソリッド系の“朱色”と表現すればわかりやすい色だ。正規輸入されているモデルは右ハンドルとなっている。GM(ゼネラルモーターズ)ではC8コルベットを世界戦略車と位置付けており、右ハンドル仕様車も単に“ステアリング位置を変えただけ”といったものではなくなっている。

 ドアを開けてシートに座ると、ある意味意外なほど、座ったときの目線が高いのが印象的であった。アメリカ車、いやGM車独特のケミカル臭が車内に充満し(いわゆる新車の香り)、アメリカ車(以下、アメ車)大好きな筆者はしばし、その“香り”に陶酔してしまった。センターコンソールで助手席と運転席が分断されていることもあり、運転席に座ると囲まれ感が強く、まさにコックピットといっていい雰囲気で、2つの大型ディスプレイに各種インフォメーションがデジタル表示されていた。

 アメリカらしいなあと思ったのが、センターコンソールの進行方向左端に空調操作を中心にしたスイッチがずらっと並んでいたこと。日本車や欧州車などなら、ひとつのスイッチで複数の操作機能を持たせてスイッチの数を減らしたりするだろうが、コルベットではそのようなことはせず、ずらっとスイッチが並んでいるのを見て、「なんだかアメリカらしい」とウキウキしてしまった。ただ、操作頻度の高いスイッチをセンター部に優先配置するなど、操作性は意識しているようであった。

 プッシュスタートボタンを押して、いよいよエンジン始動。“ブォ~ン”という野太いエキゾースト音とともに、V8 OHVエンジンが始動した。電子式シフトレバーをDに入れて、いよいよ発進。もう少し車内にもエンジン音を入れてほしいレベルだが、背後からアメリカンV8 OHVの音が聞こえてくるのが新鮮で、なんともいえない気分となった。3000回転以上に回すと、V8 OHVの“サウンド”がより心地良いものとなっていった。

 アメリカ的な使い方も考慮して高速道路に入る。実際運転すると、見た目とはリンクしないほど運転感覚は極めて“普通”であった。イタリアンブランドあたりのスーパーカーでは、自分の技能不足もあるが、かなり神経をすり減らすように運転するのだが、C8コルベットではそこまで神経質になることはなかった。まっすぐなフリーウェイをひたすら走る、そんな乗り方にピッタリな、あくまで気楽に運転できるグランドツアラーなんだなと納得した。

 ハイスピードで乗り回すという気持ちにならず、スピードをそれほど上げずに乗っていてもなんだか満足してしまう、そこがまさにアメ車らしいのである。今後は、さらにエンジンチューンなどを施したホットモデルが登場してくるようだが、そこと今回試乗した、いわゆる標準車はまったく世界観が違うといってもいいかもしれない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合