NEW
鬼塚眞子「目を背けてはいけないお金のはなし」

太陽生命・がん保険、記録的ヒット…10大疾病の診断で一時金2千万円も

文=鬼塚眞子/一般社団法人日本保険ジャーナリスト協会代表、一般社団法人介護相続コンシェルジュ協会代表
【この記事のキーワード】

, ,

太陽生命・がん保険、記録的ヒット…10大疾病の診断で一時金2千万円もの画像1

 認知症保険のパイオニアとして知られる太陽生命保険。同社が6月1日に発売した「がん・重大疾病予防保険」が初日から圧倒的な勢いを見せ、保険業界でも話題となっている。その後も勢いは止まらず、現在すでに2万件を突破している。

 多種多彩ながん保険が発売されているなか、なぜこれほどまでに支持を得たのか。そこには4つのヒットの理由が浮かび上がってきた。

 新型コロナウイルス感染拡大中にあっても、がんや重大疾病に対する保険のお客様ニーズは根強い。昨今の医療技術のめざましい進化により、がん治療では放射線、抗がん剤、手術という3大治療以外に、重粒子線、陽子線治療、免疫療法など健康保険適用外の治療を行う人が増えている。このため、一昔前の入院・手術だけを対象とする商品内容では、そぐわないケースも出てきた。

 こうしたニーズを受けて発売されたのが「がん・重大疾病予防保険」だ。商品特長は大きく2点だ。

(1)がんと診断されたときに、最高2,000万円の一時金を受け取れる。

(2)がんを含めた3大疾病のみならず、糖尿病や高血圧性疾患などによる所定の状態でも、最高2,000万円の保険金を受け取れる。

ヒットの第1の理由:高額設定

 最先端の治療は高額の費用がかかるケースが少なくない。治療だけではなく、雑費もかかれば、体力が戻らず退職するケースもある。また、退院時にやっと入院などの費用が判明し、それに応じて保険金が支払われるため、治療の目途がたたないと、いくら保険金が支払われるのかわからないのだ。

 新しい治療方法が多彩になって、積極的に治療を受ける方も増えている。「お金の不安を持たずに、納得のいく治療を受けたい」という方のニーズに一時金の保険はマッチしているものの、近年、がん診断で一時金が支払われる商品で300万円以上の保険金が支払われる保険は、なかなかなかった。そんななか、最高2,000万円までの高額の保険金が設定でき、支払われる保険金も明確という力強さが、第1のヒットの理由に挙げられる。

 それだけに、保険金の支払い要件はしっかり確認しておきたい。表の通り、本則(=契約本体)あるいは特則(保障の拡大=ワイド給付)に則って支払われる。

太陽生命・がん保険、記録的ヒット…10大疾病の診断で一時金2千万円もの画像2

 注意したいのは、本則および特則は、いずれの支払事由に該当したときに消滅することだ。

ヒットの第2の理由:保障範囲の広さ

 がんと重大疾病の定義を押さえておこう。がんは、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、前立腺がんなど、医師によりがんと診断したものが対象となる。重大疾病に関しては10大疾病を対象とし、急性心筋梗塞、脳卒中、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、高血圧性疾患、大動脈瘤・大動脈解離、慢性呼吸不全、慢性膵炎、その他の臓器の障害(心臓ペースメーカー装着、人工肛門造設など)となっている。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合