NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さん、経歴書詐称との報道…皇室を悩ます「悪性のナルシシズム」「情性欠如」

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

小室圭さん、経歴書詐称との報道…皇室を悩ます「悪性のナルシシズム」「情性欠如」の画像1
宮内庁のHPより

 秋篠宮家の長女・眞子さまと年内に結婚する方向で調整が進められていると報じられた小室圭さんの“経歴粉飾”疑惑について、「週刊文春」(9月23日号/文藝春秋)が報じている。

 就職活動のためにニューヨークの大手法律事務所などに提出した「経歴書」に、2012年9月から2013年6月まで交換留学でUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)に通っていた頃、電通アメリカでインターンをしていたとの記載があったが、「文春」が電通グループに小室さんのインターン歴について聞いたところ、「そのような事実は確認できませんでした」という回答があったという。また、三菱東京UFJ銀行在職中に2年連続で表彰されたとの記載もあったが、関係者は「それらの表彰を小室さんが受けたことはありません」と証言している。

 事実とすれば、小室さんは“平気で嘘をつく人”なのではないかと疑いたくなる。こういう人の特徴として、アメリカの精神科医M・スコット・ペックは、「異常に意志が強い」こと、そして「罪悪感や自責の念に耐えることを絶対的に拒否する」ことを挙げている。

 これらの2つの特徴を併せ持っていると、「自分の罪悪感と自分の意志とが衝突したときには、敗退するのは罪悪感であり、勝ちを占めるのが自分の意志である」という状態になりやすい。小室さんも、「眞子さまと何としても結婚したい。そのためにはどんなことをしてでもニューヨークの大手法律事務所に就職しなければならない」という意志が非常に強そうだ。だから、「経歴書」に虚偽の内容を盛り込むことへの罪悪感など木っ端みじんに吹き飛んだのかもしれない。

 それでは、自分自身の罪深さに目を向けることができない、そもそも目を向けようとしないのは一体なぜなのか。ペックによれば、「悪性のナルシシズム(自己愛)」によるという。「悪性のナルシシズム」とは、アメリカの精神分析家エーリッヒ・フロムが『悪について』で指摘した、ある種の病的ナルシシズムである。

 もちろん、誰にでもナルシシズムはある。ナルシシズムがなければ、自尊心も自己肯定感も持つことができないのだから、ある程度は必要だ。だが、強すぎるとさまざまな弊害が出てくる。また、ナルシシズムには良性のものと悪性のものがあるので、この2つを区別して考えなければならない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合