NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

クラシック演奏家、コンサート以外での活躍の場…若い女性奏者限定のバイトも

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, ,

クラシック演奏家、コンサート以外での活躍の場…若い女性奏者限定のバイトもの画像1
「Getty Images」より

 30年目の結婚記念日。妻には、そこそこ良い服を着てくるようにだけ言っておいて、高級フレンチレストランを予約してある。今日は、妻を驚かせるハプニング・ディナー。ソムリエがシャンペンの栓を勢いよく開けた途端にテーブルの横のカーテンが開き、弦楽四重奏が素敵なクラシックの名曲を奏でる――。

 まるで映画のロマンチックな一場面のようですが、実はこのような演出は誰にでも可能です。もちろん、料金はかかりますが、若い音楽学生ならお小遣い稼ぎとして、喜んで弾いてくれると思います。

 コンサートホール以外でも、クラシック演奏家は結構、活躍しています。たとえば、結婚式場によっては演奏家が常駐していて、結婚式に色を添えてくれます。ちなみに、友人から聞いた話では、雇われるのは30歳くらいまでの若い女性奏者に限られているそうで、仕事がない若い男性奏者にとっては羨ましい話です。今はどうかわかりませんが、一般のイメージではハープ奏者といえば髪が長い女性で、実際に僕の学生時代には若いハープ奏者は髪の長い女性がほとんどでした。

 そうやって一生懸命演奏してバイト代を稼ぎながら、オーケストラのオーディションを受けたり、演奏活動をしながら音楽教室を開いたりと、結婚式場などで演奏している方の背景はさまざまです。とはいえ、繰り返しになりますが、若い女性に需要がある仕事なので、ある程度の年齢になったら辞めていくことになります。

 余談ですが、結婚式場の牧師・神父の仕事もアルバイトだと聞いたことがあります。こちらは演奏者とは逆に、人気があるのは50歳前後の男性。しかも、それらしく髭などでも生やしている白人であれば雇用されやすく、それだけで家族を十分養える給料をもらう人もいるようです。外国人の男性というだけで本物の牧師ではなく、式場から言われた通りに牧師を演じているだけでも、新郎新婦や参列者は感激するのです。

 かくいう僕も自分の結婚式の前に、結婚式場から「牧師は外国人か日本人か、どちらにしますか?」と尋ねられて、「外国人で」と答えていたので、あまり偉そうにはいえません。料金も、外国人牧師のほうが高かったように記憶しています。

 閑話休題、クラシック音楽はマイクもアンプもミキサーも必要なく、電気コンセントも探さずに演奏することができるので、実はかなり使い勝手がよいのです。もし、自分だけのためにオーケストラを一晩雇ってチャイコフスキーを演奏させたとしても、屋根さえあれば椅子と譜面台を並べてすぐに演奏開始できます。

「オーケストラなんて贅沢な」と思われるかもしれませんが、昔のヨーロッパの王侯貴族が自分のオーケストラを所有していることは、モーツァルトの時代くらいまでは一般的で、教会とともに音楽家の大事な就職先でした。君主の「静かな音楽を聴きたい」「もっと楽しい音楽を」といった気まぐれな要望に応じて、さっさと作曲してインクが乾くか乾かないうちに演奏していたほどです。

 音楽家といえども、君主からすれば単なる使用人でしかないので、夜遅くに急に呼び出されるなど、仕事とはいえ気の毒なことも多かったであろうことは想像に難くありません。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合