NEW
小林敦志「自動車大激変!」

レクサスブランド、驚きの販売事情…米国では強烈な格差社会の象徴?

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, , ,
レクサスブランド、驚きの販売事情…米国では強烈な格差社会の象徴?の画像1
LEXUS ‐ ES」より

 先日、2021年8月26日にマイナーチェンジを実施し発売となった、新型「レクサスES」に試乗する機会があった。そして、新型ESを見たクルマ好きの多くが「これってあのESだよねえ」とか「ESもかなり立派になったねえ」と、改良で上質感やアグレッシブなイメージがさらに高まったことに驚いていた。

 世界におけるレクサスブランドの主な市場は北米、中国そして日本となる。1989年に北米市場において、世界で初めて“レクサス”ブランドが立ち上がった当初より、LSとともにラインナップが今日まで続いているモデルがESとなる。初代モデルは、日本国内においてV6エンジンを搭載した“トヨタ カムリ プロミネント 4ドアハードトップ”をベースに、レクサスブランド車として北米市場においてラインナップされた(ちなみに当時のカムリ[FF2台目]にもV6が北米ではラインナップされていた)。

 1991年に日本以外の市場で登場した2代目は、日本国内において“トヨタ ウインダム”の車名で販売されていた。その後、1996年に登場した3代目、2001年に登場した4代目も、日本国内では“トヨタ ウインダム”の車名でラインナップされていた。

 2006年にデビューした5代目、2012年にデビューした6代目は、トヨタブランド車やレクサスESとして日本国内ではラインナップされずに、2018年にデビューした現行7代目が、日本市場でも同年にレクサスESとしてデビューしている。

 わかりやすくいえば、レクサスESはトヨタ カムリをベースとした“レクサス版”となるモデル。アメリカでは、ラインナップされるレクサスブランドの乗用車(SUV以外ということ)では唯一FFとなることもあり、エントリーモデルというか、ある種“別枠”として位置づけられている。最近では、アメリカ市場でもクロスオーバーSUVの人気が高まり、レクサスブランド車でもSUVが売れ筋となっているが、ESはセダンのなかでは最も販売台数が多くなっており、2020暦年締め年間販売台数は4万3292台となり、レクサスRX、同NXに次いで、レクサスブランド車では売れている。

 南カリフォルニアの新車販売事情に詳しい現地在住の知人は、以下のように語ってくれた。

「SUVがここまで人気となり、当たり前のように乗られるようになる以前、レクサスESは販売台数が多いだけではなく、値引き額が少なくても売れたので“台当たり利益”も良く、苦労せず数を売ることができたそうです。アメリカのそこそこレベルの企業あたりまでで、日本でいうところの課長などの中間管理職の特にお父さんは、カムリに乗っていることが多かったです(通勤用として)。カムリは、日本でいうところのカローラセダンに相当するモデルとなります。

 そして、課長から部長へ昇進すると、オフィス内に専用の個室が与えられることが多く、一気にステイタスアップとなります。すると、昇進前まではレクサス車を買うためのローンやリースを申し込んでも審査が通らなかったとしても、昇進したことで通るようになったとして、真っ先にカムリ(または同クラス車)からレクサスESへと乗り替える人が多かったそうです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合