NEW
小林敦志「自動車大激変!」

レクサスの名に恥じない新型ESがコスパの高い“上級セダン”と言える理由

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】, , ,
レクサスの名に恥じない新型ESがコスパの高い上級セダンと言える理由の画像1
LEXUS ‐ ES」より

 前回、新型「レクサスES」の試乗を踏まえて、アメリカにおけるレクサスブランドの販売事情について述べた。

 アメリカで年間4万台強販売したレクサスESが、日本国内でも初めて2018年にレクサスESとして発売されると、たちまち注目されるようになった。ただ、アメリカのように“中間管理職の憧れのクルマ”といった背景ではなかったのである。

 2017年10月に、5代目となる現行レクサスLSが国内デビューした。ところが、デビューした現行型は全長が5235ミリメートルとなり、5メートルを超えた。これが現行LSの販売にブレーキをかけてしまったのである。購入検討するのは富裕層となるのは察しがつくが、日本では駐車スペースで全長が5メートル超に対応しているところは少なく、富裕層の住む豪邸のガレージであっても物理上停められなくなってしまうケースが多発してしまったのである。

 デビュー当初はレクサスLSにV8もなくなったということで、LSをあきらめレクサスGS F(V8搭載モデル)がよく売れるなど“珍事”が発生したが、レクサスESがデビューすると「これで十分」と、富裕層のなかからもレクサスESが選ばれるケースが多発したというのである。つまり、先代レクサスLSオーナーなども車庫に入らず、現行モデルへの乗り替えに困っているときにレクサスESが登場したので、それを購入して乗るようになったのである。

 そもそも日本ではレクサスブランド内にアメリカほどの強烈なヒエラルキーはなく、基本は所得に余裕のある人がレクサスオーナーのメインとなるが、職業や社会的地位、収入にそれほど関係なく購入可能な人が、自分たちの使用環境(車庫の広さやコンパクトなモデルに乗りたいなど)に応じて、気に入ったレクサス車を選んでいるように見える。

 その点では、日本の新車販売の世界はアメリカほど“縛り”のない“選択の自由”があると筆者は感じている。アメリカでは“FFよりFRのほうが偉い”という考え方が根強く、アウディは最近まで「FFベースなのに、なんであんなに高いんだ」とアメリカでは“不思議なブランド”扱いであったが、クワトロ(AWD)を全面に押し出し、最近はステイタスを一気に上げている。

 ホンダのプレミアムブランドであるアキュラはアウディ以上にFF臭が強い部分で苦戦しているという話もある。しかし、日本では良くも悪くも、今の社会ではアメリカほどクルマへ強いこだわりを持つ人は限定的となっている。当然、駆動方式への強いこだわりを持つ人も限定的なので、より広い層にレクサスES(FF)が、かなり上級の“ラグジュアリーサルーン”として受け入れられているのである。

 ただ、個人タクシーではLSやセンチュリーなども見かけるが、最近では法人タクシーとしてレクサスESがタクシー車両として街なかを走っているシーンを頻繁に見かけるようになった。アメリカ人が見れば、なんとも不思議な光景に見えるかもしれない。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合