NEW
理央周「マーケティングアイズ」

旅くじ、2万円台で全線乗り放題…ピーチ、奇抜どころか実に理にかなった販売戦略

文=理央 周/マーケティングアイズ代表取締役、売れる仕組み研究所所長
ピーチ・アビエーション
ピーチ・アビエーションのサイトよりより

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションのプロモーションが話題になっている。

 まずは、「どこ行きかわからない飛行機のチケット」だ。いわゆるガチャ形式のカプセル型の自動販売機で購入する「旅くじ」を東京と大阪で始めた。カプセルの中には、東京での販売は成田空港から、大阪での販売分は関西国際空港から、それぞれ出発する飛行機チケットに引き換えられる「クーポン」が入っている。東京には11路線、大阪には13路線あるのだが、チケットに書かれている行き先はカプセルが出てからのお楽しみ、というもの。これを1回5000円という価格で販売をしている。

 通常、旅行は何を見に行くのか、何をするのかというような「目的」を決め、宿とそこまでの交通機関を予約する。しかしこの旅くじは、交通機関を決め、行く場所が決まり、宿を決める、といった逆の手順になる。顧客側は、どこに行けるのかワクワクしながら、くじを引くということになる。

 これまでにないやり方であるため話題性も出て、多くのメディアにも取り上げられたこともあり、東京、大阪の分は終了後に再発売をした。さらに11月からは名古屋でも販売を開始したのだ。

 また、10月に実施した1カ月国内の全路線乗り放題の「Peachホーダイパス」も面白い。

 このパスには、ライトプランが2万9800円、スタンダードプランが3万9800円という2つのプランがある。

 ライトプランは、座席指定と荷物のお預けが有料で、スタンダードのほうは座席指定は無料で、荷物も1つまでは無料ということ。さらに、先着30名までは、それぞれ1万円引きの1万9800円と2万9800円で、販売を開始した。いわゆる飛行機チケットの期間限定のサブスクだ。

 ピーチの国内線は30路線以上あるので、かなりいろいろなところに行ける。ホームページには、北海道で自然を楽しみ、東京でトレンドを満喫、福岡でラーメンを食べて日本1周になります、といった具合で、楽しみ方も載せていた。

 加えて、サーフィンをやりに行くのもいいし、動物に癒されに行くのもいい、と、このチケットで体験することが想像できる、楽しい告知ページになっているのが特徴だ。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合