NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

ベートーヴェン『第九』、なぜ日本では年末に演奏?日本のオーケストラの特殊事情

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】, ,
ベートーヴェン『第九』、なぜ日本では年末に演奏?日本のオーケストラの特殊事情の画像1
合唱団のイメージ(「Getty Images」より)

 今年も12月に入り、ベートーヴェンの『第九』の時期となり、日本全国のオーケストラで盛んに『第九』が演奏されています。ヨーロッパのいくつかの街のオーケストラでも、年末恒例の『第九』が演奏されています。しかし、どこでも“第九=年末”というわけではありません。僕が副指揮者を務めた米ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団では、特段12月に演奏するということもなく、首席指揮者を務めたフィンランドのオーケストラでも夏に演奏したくらいです。やはり「12月の第九」は、日本ならではの習慣といえるでしょう。

 以前にも本連載で書きましたが、日本でオーケストラが12月に『第九』を演奏するのは、日本のオーケストラの創生期における“お金の苦労”が深く関わっています。

 第二次世界大戦後まもなく日本では、オーケストラ活動が本格的になってきましたが、まだまだ西洋音楽なんて知られておらず、演奏会をしようにも赤字が増えるばかりで、オーケストラの台所はいつも火の車でした。

 そもそも、オーケストラは経済的に富を得ることができる団体ではありません。プログラムによっては、100名近い演奏家に給料を支払いながら、指揮者や著名なソリストに高額な出演料を支払うことになります。さらに、超人気のある東京都内ど真ん中のコンサートホールであれば賃貸料金は100万円を超えますし、チケット販売経費、広報代、楽譜代、人件費などを加算していくと、いくら2000席のホールが一杯になっても赤字になってしまうことがほとんどです。

 それならば、入場券を高くすれば解決するように思われるかもしれませんが、高額なチケットを買ってまでコンサートに来てくれる観客は数が限られてくるので、空席が目立つ結果となり、むしろ総収入が減ってしまいます。そこで、オーケストラはスポンサーを付けて活動していくことになります。

 このスポンサーですが、音楽の本場のヨーロッパでは国や自治体となり、経済大国アメリカでは企業や富裕層の人たちの寄付に頼ることになります。一方、日本では、NHK交響楽団や読売日本交響楽団のように財政基盤がしっかりした母体がある場合や、東京都交響楽団や京都市交響楽団のように自治体が支えているケースもありますが、スポンサーや文化庁、自治体の援助を得ながらも、それだけでは足りず、自分たちでも稼いでいかなくてはならないオーケストラが大多数です。

 そんなわけで、チケットを購入して来場していただくことが、オーケストラにとってはなによりのサポートとなるのです。皆様も、コンサートにお越しくだされば幸いです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合