NEW
吉澤恵理「薬剤師の視点で社会を斬る」

中川翔子も浜崎あゆみも入院…アナフィラキシーとは?迅速で適切な処置が重要

文=吉澤恵理/薬剤師、医療ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
アナフィラキシーで入院した中川翔子
入院について説明する中川翔子(『中川翔子の「ヲ」』より)

 タレントで歌手の中川翔子が、7日に自身のツイッターを更新し、元旦に薬の服用によってアナフィラキシーを起こし、肝臓機能が低下し入院していたことを明かした。発熱などの症状があったことで、いくつかの薬を服用したが、そのいずれかにアナフィラキシーを起こしたという。

 また、歌手の浜崎あゆみが昨年11月に名古屋市内で行われたライブツアー公演後に救急搬送され、その後、アナフィラキシーショックと診断された報道も記憶に新しい。

 アナフィラキシーは予期せず起こる危険性があり、正しい対処が重症化を防ぐ鍵となる。アナフィラキシーについて、くぼたクリニック松戸五香院長の窪田徹矢医師に聞いた。

アナフィラキシーとは

「アナフィラキシーとは、アレルギー反応を引き起こす薬や食べ物などを摂取したときに、短時間(5~30分)かつ急激に皮膚、粘膜、呼吸器、消化器、循環器などの複数臓器や全身に起きるアレルギー症状をいいます。中川翔子さんの症状は、薬のなんらかの成分によってアレルギー症状が急激に惹起され、アナフィラキシーが起きたと思われます。肝機能低下に関しては、いくつかの薬を服用し、肝臓への負担や肝機能低下の副作用が起きた可能性もあると思います」

 中川翔子が「喉の腫れ、全身の痒み」が主な自覚症状だったとツイートしているように、アナフィラキシーの症状の特徴は、じんましんや痒みなどの「皮膚症状」や目の痒み喉の腫れなどの「粘膜の症状」である。

「アナフィラキシーが進むと、咽頭浮腫により気道が塞がれ呼吸困難となり、さらに症状が悪化すると血圧低下が起き、意識障害など命に危険が及ぶこともあります。浜崎あゆみさんはアナフィラキシーショックによる救急搬送と報じられていますので、危険な症状だったのかと想像します」

 アナフィラキシー症状がさらに進むとアナフィラキシーショックが起きる。アナフィラキシー症状が起きた際には、迅速な処置が重症化を防ぐ鍵となる。中川翔子、浜崎あゆみともに適切な処置がなされたことが早い復帰に繋がったと思われる。

アナフィラキシーの治療

「アナフィラキシーで救急搬送されるような症状の場合には、アドレナリンの投与を行います。過去にもアナフィラキシーを起こしたことがある場合には、エピペンというアドレナリンの自己注射薬を処方し、アナフィラキシーが起きた際にはすぐに自己注射ができるように常に携帯していただきます」

 アドレナリン注射のほかにも、症状に応じてステロイド剤や抗アレルギー薬の投与を行う。初めてアナフィラキシーが起き、初期症状が改善した後に症状が再び出現する反応を二層性反応と呼ぶが、ステロイド剤には二層性反応を抑える作用もあり、医師の判断によって服用することもある。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合