NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

北京五輪、開会式選手入場の見事な選曲…音楽を使い、巧みに中国をアピール

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】,
北京五輪開会式、光と音楽を計算し尽くした秀逸な演出
北京五輪開会式(「Getty Images」より)

 いよいよ、北京2022オリンピック競技大会が始まりました。僕は開会式の時間には、ちょうどコンサートホールでオーケストラを指揮していたので、自宅に帰ってから録画してあった映像を見たのですが、正直、感心してしまいました。

 今回の開会式の演出を担当したのは、2008年に行われた夏の北京オリンピックにて、ランナーをワイヤーで空中にぶら下げ、会場を走らせるという演出で世界の度肝を抜いた、映画監督のチャン・イーモウ氏です。しかし、前回の夏のオリンピック開会式の動的な演出とは違い、今回は青色を基調として、冬が持つ静かな透明感を視覚化させたことに驚きました。

 透明という色は、実際には存在しません。それを視覚化させるために、高度なプロジェクションマッピング技術やレーザー光線などの最先端技術を屈指し、それだけでなく音楽をうまく利用していたと思います。

 最初から最後まで、スピーチや宣誓の言葉の時以外は、ずっと音楽が流れていましたが、これまでのオリンピック開会式で多用されてきた、有名な人気歌手の登場などをあえて避け、子供の合唱を使ったことも、緻密に計算された演出でしょう。

 有名な歌手の顔を見てしまうと、歌手の個性色ばかりが目立ち、結果的に透明感はなくなってしまいます。そこで、誰も知るはずのない子供たちを登場させて、子供の声が持つ特別な透明感をうまく使ったのでしょう。ほかにも、トランペットを見事に演奏した子供のことも話題になっているようですが、子供らしく純粋で無垢な感じが、冬の透明感を増していました。

 そんななか、指揮者として僕がもっとも興味をそそられたのは、選手入場の音楽でした。これから勝負を挑むスポーツ選手たちの入場行進に冬の透明感は必要ないので、あえてクラシック音楽の超有名曲のみを選んで、多くの国々の個性豊かな選手たちの入場を彩りました。ドイツ・ベートーヴェンの『運命』、イギリス・エルガーの『威風堂々』、フランス・ビゼー『カルメン』、ロシア・グリンカ『ルスランとリュドミラ序曲』と、僕も何度も指揮をしているおなじみの曲ばかりです、

 しかし、入場している選手団の国にまったく関係ない曲がどんどん流れていたのは仕方がないでしょう。いろいろな国から選手団が登場するわけで、いちいち合わせていてはキリがないので、「世界の名曲メドレー」として流したのかもしれません。ちなみに、日本選手団の入場の際には、ロシア・チャイコフスキーのバレエ音楽『くるみ割り人形』が流れていました。

 それでも、奇跡的に国と曲と一致した選手団がありました。それは、ハンガリー選手団の入場の際に、ブラームスが作曲した『ハンガリー舞曲第5番』が流れ出したのです。これも、オーケストラにとっては目をつぶっていても弾けるくらい演奏回数が多い名曲ですが、名前の通りハンガリーの舞曲の音楽です。

RANKING

11:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合