NEW
理央周「マーケティングアイズ」

アマゾン、スタバとの共同店舗など展開加速の狙い…「ネットかリアルか選択」の終焉

文=理央 周/マーケティングアイズ代表取締役、売れる仕組み研究所所長
【この記事のキーワード】, ,

アマゾンのYouTube公式チャンネルより

 昨年、ユニクロが国内で初めて自社のホームページ以外でインターネット通販を始めたことが話題になった。三井不動産が運営する三井ショッピングパークの公式通販サイト「アンドモール」だ。また、昨年アマゾンがスターバックスと共同でのリアル店舗を、米ニューヨークで第1号店としてオープンした。アマゾンは、さらに今年に入って、初めてアパレルのリアル店舗である「アマゾン・スタイル」をロサンゼルスに出すとも発表した。

 この3つのトピックスに共通するキーワードは、小売業+ネット通販+リアル店舗だ。深掘りすると、消費者がどこででもモノを買えるようにする「オムニチャネル」が、またさらに一歩進んだ形だ。

 まず、ユニクロが出店したアンドモールの特徴は、ららぽーとやアウトレットの各店舗にある「在庫を発送する」という点。リアル店舗を持っている企業がインターネット通販をする場合、通常は別な場所に倉庫を持ち、そこに在庫を積むのだが、その必要がない。ユニクロのように製造と販売が一体になっているSPAというビジネスモデル(仕組み)の業態の企業には、通販用の在庫を持って売れなかった時のリスクが減るという意味で、ありがたいネット通販のかたちだ。

 ユニクロにとってみると、アマゾンや楽天のような巨大なプラットフォーム上で販売をすると、自社で顧客のリストを管理することができない上に、プラットフォーマー側への手数料がコストとしてかかることを避けることができる。さらに、アマゾンで売る場合はアマゾンの倉庫への物流費がかかるし、楽天の場合は、自社で別途発送するのでその管理をしなければならない。

 一方で、自社の通販サイトだけでは新しい顧客を得ることが限られるので、他社のサイトからの顧客獲得や、店舗で買えなかった分をそのままネットで買えるような仕組みをつくりたかったはずだ。

 このような状況下で、今回のこのアンドモールの仕組みを使うことによって、ららぽーとなどに入っている自社の店舗から直送ができることは、在庫管理、コスト抑制の意味からも有意義だったのであろう。

アマゾン・スタイルの取り組み

 アマゾンとスターバックスの共同店舗もユニークだ。アマゾンの技術を使って、レジの行列に並ばなくても買い物ができるようにしたとのこと。すでに展開されているAmazon GOの仕組みで、あらかじめアプリを入れておけば、その店に入り商品を自分のバッグに入れて、レジを通ることなく、そのまま店を出れば、その時に自動的にアプリ上で支払いまで終わっているというものだ。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合