NEW

手元資金1500億円、ミクシィの知られざる正体…mixi衰退から10年で変貌

取材・文=福永全体/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
手元資金1500億円、ミクシィの知られざる正体…mixi衰退から10年で変貌の画像1
ミクシィのHPより

 1月4日、ミクシィがロゴの刷新を発表した。“ミクシィ”と聞いて、多くの人が思い浮かべるのは、日本における元祖SNSとも言える「mixi」だろう。しかし、その貴重な国産SNSは、10年以上前にFacebookやTwitterという黒船に取って代わられ衰退していった。

 ミクシィは現在、“モンスト”の愛称で知られるスマホゲーム「モンスターストライク」をはじめとする、デジタルエンターテインメントの事業で成功している。ほかにもスポーツ観戦ができる飲食店を探すサービス「Fansta」や、サロン検索・予約に特化したサービス「minimo」など幅広く事業を展開しており、デジタルエンターテインメント事業の売上が全体の8割以上を占めるという。

 2020年には東証一部に上場し、今年に入ってロゴをリニューアル。これらの動きからは会社としての成長意欲も感じ取れるのだが、SNSのmixiからモンストとあまりにも大きな変貌を遂げているため、今後どんな会社を目指していくつもりなのか、見当がつかないという声も多い。

 そこで、今回は成蹊大学客員教授でITジャーナリストの高橋暁子氏に、ミクシィの“これまで”と“これから”について話を聞いた。

最大の過ちによりユーザーが一気に流れた?

 まず、ミクシィの歴史から振り返ってみよう。同社の前身、イー・マーキュリーは求人サイトやプレスリリース配信を代行するサイトの運営を行っていた。そんななか、2004年にmixiの運営を開始したことで、社名をミクシィへ変更したという経緯がある。この頃、SNSは世界や日本でどんな存在だったのだろうか。

「世界的にはmixi以前にも『Orkut』や『Friendster』というSNSがあったので、IT業界に身を置く人や新しいもの好きの人など、一部の人には知られていました。でも、一般の人にはまず、その存在自体が認知されていなかったと思います。

 そういった時代にmixiのサービスが始まって、いち早く使い始めた人たちの間ではすぐに評判になっていましたね。当時、mixiはユーザーからの招待がないと登録できないうえ、検索で知らない人のページに飛ぶこともできませんでした。交流できるのは自分の友達か、友達の友達くらい。このシステムのおかげでmixiはすごく閉塞的で楽しい世界だったんです。そんな独自の風土が当時、まだインターネットへの警戒心が強かった日本でもウケ始め、ミクシィは2006年にマザーズに上場しました」(高橋氏)

 だが、この頃からmixiの方針が揺らぎ、風向きが変わってきたという。

「ユーザーが一気に増え始めたこの時期、mixiはさらに拡大しようと招待制を廃止しました。すると業者やスパム、ナンパ目的のようなユーザーがどんどん入ってくるようになり、特別感も信頼感も失われていってしまったのです。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合