NEW

高校選抜ラグビー決勝、なぜコロナ感染者いない東福岡が出場辞退?実行委が辞退勧告

文=Business Journal編集部
全国高校選抜ラグビ大会を告知するJRFU公式サイト
全国高校選抜ラグビ大会を告知するJRFU公式サイト

 31日に予定されていた第23回全国高等学校選抜ラグビーフットボール大会(埼玉県・熊谷ラグビー場)の決勝戦が中止になった。報徳学園(兵庫)と東福岡(福岡)の試合が予定されていた。東福岡の「対戦チーム」から新型コロナウイルス感染症の陽性者が出たことで、大会実行委員会が辞退勧告をし、同校が出場を辞退することになったのだという。当編集部が公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU・ラグビー協会)に確認したところ、「東福岡から陽性者は出ていなかった」という。いったいどういうことなのか。

 同協会のプレスリリースによると、29日に同大会中に東福岡が1回戦(3月25日)で対戦したチームより新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されたため、「大会実行委員会は感染拡大防止の観点から東福岡高等学校に辞退勧告をし、東福岡高等学校はそれを受け入れました」(原文ママ)という。閉会式も中止になった。

自チームから陽性者がいなくても辞退勧告

 協会は大会でのコロナ対策のレギュレーションを以下のように定めている。

「<新型コロナウイルス感染症に起因する辞退チーム発生時のレギュレーションについて>

決勝戦

・対戦する片方のチームが辞退もしくは辞退勧告を受けた場合、その試合は中止とし、対戦予定だった相手チームを優勝とする。

・対戦する両チームが辞退もしくは辞退勧告を受けた場合、試合は中止とし、両チームを優勝とする。」(原文ママ)

 同協会広報部門の担当者は今回の措置と前述のレギュレーションについて、次のように説明する。

「東福岡から陽性反応がでているわけではございません。(過去に対戦したチームから感染が広がっている可能性があるので)レギュレーションに従った措置です。この例は、佐賀工業に対しても同じことが起きています。ですので、決勝戦に限って急にこういう話が出てきたというわけではなく、レギュレーションに従ってこういう結論に至っています」

 では、このレギュレーションはどのように作られたのだろうか。同担当者は以下のように語った。

「高校生の大会ということもあり、高体連(全国高等学校体育連盟)さんや、さまざまな実行委員会がありまして、ラグビー協会独自、ラグビー協会だけが裁定したということではございません。その中で、コロナ対策については去年、おととしと議論を重ねて、こういうレギュレーションでいきましょうという形になっています。(できるだけ選手がプレーできる場をつくるため)、安全第一で考えていますので、ここ1~2年、ずっと各チームに対して注意喚起をしておりますし、チームもそれぞれ注意しているという中で、安全に開催するためにこういうような決まりでいきましょうということは事前に共有されています」

RANKING

23:30更新
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合