NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

オーケストラ楽員、演奏の上手・下手はどう判断?指揮は上手すぎるとかえってダメ?

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
【この記事のキーワード】,
オーケストラ楽員、演奏の上手・下手はどう判断?
「Getty Images」より

 中世の街並みが残る、独ローテンブルクを訪れたことがあります。この街はドイツ旅行の人気コース・ロマンティック街道のハイライトともいえ、多くの観光客が訪れる素敵な場所です。中世にはローマ皇帝によって城が築かれ、その後、自由帝国都市として市民に自治権が与えられて、神聖ローマ帝国の上位20都市にランクインするほどの繁栄ぶりを誇った街でした。しかし、17世紀のペストの大流行によって多くの市民の命が奪われただけでなく、フランス軍にも攻め尽くされてしまい、財産も権力も失ってしまった悲劇の街となりました。

 皮肉なことに、その後の発展もなくなり、忘れられた存在となったおかげで、中世の町並みがそのまま残ったのです。現在、ローテンブルクの経済の中心が観光業であることは言うまでもありませんが、街の城門をくぐってすぐ、中世ドイツにタイムトラベルしたような街並みとなります。

 街があまり大きくないので、半日もあれば見て回れます。しかし、僕は日本人観光客に大人気の「ロマンティック街道バスツアー」のように、見終わったらすぐにバスに乗って次の街に移動という旅ではなかったため、帰りの電車まで時間を持て余してしまいました。

 そこで、観光ガイド『地球の歩き方』(学研プラス)を見てみると、「中世犯罪博物館」というのが目に入りました。その内容は、中世に実際に行われた刑罰や拷問の道具が展示されており、なかには世界的に有名な「鉄の処女」もあります。これは身持ちの悪い女性に対する刑罰に用いられ、空洞のマリア像の中で無数の針が待ち構えているという、考えるだけで恐ろしい拷問具です。ちょっと悪趣味な博物館だと感じ、訪れるのは躊躇しました。

 とはいえ、やることは何もないので、覚悟して行ってみることにしたのです。まずは、入り口にぶら下がっている大きなカゴが出迎えます。その中に罪人を入れて川に沈めたり、引き上げたりを繰り返す刑罰の道具です。最初から、エグさ100パーセント、入場をためらいながら書かれている説明を見ると、この刑罰は、原料の小麦粉を少なめにごまかして焼いたパン職人を懲らしめるためと書いてあります。悪趣味というよりも、少しクスリと笑ってしまうような内容です。

 先述した世界的に有名な「鉄の処女」も、実際に使われたかどうかはわからないそうです。その根拠は、マリア像がこんな残忍な刑罰の道具であるとは考えられないということなのですが、つまりは「身持ちが悪い女性は、こうなるぞ」と戒めるための道具のようです。

 博物館の中に入ってみると、確かに残忍な道具もあるのですが、口げんかが止まらない女性2人の首を、2つの穴が空いている板に挟んで、公衆の面前でけんかを続けさせる刑罰や、人通りが多い場所に座らせた罪人の足を固定して山羊に足の裏をなめさせたり、鳥の羽を持った子供に鼻の穴をくすぐらせたり、そんな面白おかしい刑罰が中心なのです。

 ほかにも、中世では人々が名誉を重んじるということで、罪人に変な仮面をかぶらせて、大衆の笑いものにする刑罰もありますが、僕がもっとも恐ろしいと思ったのは、下手な音楽家の処罰方法です。

 首に楽器を付けられ、街の広場のど真ん中で「下手くそな楽器を弾いた罪人」として、みんなの笑いものにされる刑罰で、この中世犯罪博物館の中で、音楽家の僕は背中に冷たいものが走りました。

 もし、僕が中世時代に自信満々と指揮をしている際、警察がやってきて、「あなたの指揮は下手なので逮捕します」などと言われること想像すると、ぞっとします。警察の厳しい尋問を受けながら、「どうして僕の指揮が下手だと判断されたのでしょうか?」と反論しても、「じゃあ、上手だと証明できるのかね」と追及されてしまったら、答えることができません。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合