NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

蒸し暑い真夏日にぴったりの音楽7選!涼しげな曲から背筋が寒くなる曲まで

文=篠﨑靖男/指揮者、桐朋学園大学音楽学部非常勤講師
蒸し暑い真夏日にぴったりの音楽7選!
暑い日に涼を得られる音楽は?(「Getty Images」より)

 今年の夏は暑そうですが、そんなときにおすすめのクラシック音楽を紹介しようと思います。

 まずは、イギリスで活躍したドイツ人作曲家、ヘンデルの『水上の音楽』です。名前を聞くだけで涼しそうですが、実際に1717年、イギリス国王ジョージ1世がテムズ河で舟遊びをする際に作曲した洗練された音楽で、身も心も涼しくなります。ところが、作曲したヘンデルは涼しいどころではなく、冷や汗たっぷりだったに違いありません。

 ヘンデルはイギリス・ロンドンに来る直前、ドイツ・ハノーファー選帝侯の宮廷楽長として仕えていました。しかし、勤め始めてわずか2年、ロンドンへ外遊した際に、「これは一旗揚げることができる」と考え、選帝侯からの帰国命令を無視して、そのままロンドンに定住してしまいます。その後、実際にヘンデルはロンドンで大成功するわけですが、まさかの事態が起こります。

 それは、なんと命令を無視したハノーファー選帝侯が、何の因果か、イギリス王ジョージ1世として、ロンドンに移り住んできたのです。イギリスを追い出されるくらいならまだましで、牢獄に一直線となれば、あの恐ろしいロンドン塔に行くことになるかもしれません。

 しかし、そこは立ち回りが上手いヘンデル。大ピンチを乗り越えるための切り札が、『水上の音楽』でした。このジョージ1世の舟遊びのために書いた音楽は、舟の上の新国王を大いに楽しませたと思います。その証拠に、ヘンデルはおとがめ無しで、その後もロンドンで活躍を続けたのです。

 そんなイギリスで、300年後に生まれた作品が、ホルスト作曲の『惑星』です。水星から、地球を除き海王星まで、それぞれに惑星のタイトルを与えられた7曲が、涼しい夏の天体観測のような雰囲気を与えてくれる作品です。

 そのなかでも、もっとも有名な4曲目の『木星』のメロディーは。歌手の平原綾香によって、日本中で有名になった『Jupiter』のオリジナル曲です。それまでもイギリスの愛国歌や、イギリス国教会の聖歌としても使われ、ラグビー・ワールドカップのテーマソング『ワールド・イン・ユニオン』にもなりました。もし、今の時代に作曲されていたら、ホルスト一族は一生何もしなくてもよいくらいの印税が入ったかもしれません。

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合