NEW

成田悠輔氏「YouTuberは夢がある」に疑問 「儲かってるのはGoogleだけ」発言で物議

文=佐藤勇馬
【この記事のキーワード】
成田悠輔氏 ユーチューバーは夢がない?ツイートに賛否の画像1
Twitter「成田 悠輔@narita_yusuke」より

 米イェール大助教授で経済学者の成田悠輔氏が、夢のある職業としてみられているYouTuberなどの動画配信者について「アメリカ企業に激辛の歩合制で働かせられてるだけ」「儲かってるのは結局Google」などと持論を展開したことが物議を醸している。

 成田氏は24日、自身のTwitterで「YouTuberやTikTokerが夢のある仕事・産業みたいに語られてるのはナゾ。まともに収益出てるYouTubeチャンネルはほとんどなく、奇跡が起きた超少数が年収数億円の小金持ち個人になるくらい」とツイートした。

 最近は「YouTuber=大金持ちになれる」というイメージが世間に浸透し、若者を中心に動画配信者を志す人が増加。ベネッセが昨年末に発表した「小学生がなりたい職業」でもYouTuberが総合1位に輝くなどしているが、そうした風潮に疑問を呈した。

 さらに、成田氏は「マジで儲けてるのは結局Google(※YouTubeの運営会社)だけ。日本人がアメリカ企業に激辛の歩合制で働かせられてるだけじゃないかな」とも記し、潤っているのは“胴元”であるプラットフォーマーだけだと断じた。

 実際、本当にYouTubeで人生が変わるほどの大金を手にしているのは一握りの人気YouTuberだけだ。しかも、近年はコロナ禍の影響で動画の広告単価が下がったといわれ、配信者の増加や競合サービスの登場でYouTubeの再生数自体が減少傾向にあるとされる。

 YouTubeでの成功は年々難易度が高まっているのに、世間で「夢のある仕事」としてもてはやされていることに違和感を覚えるという成田氏の指摘はもっともなのかもしれない。ネット上でも「これは本質情報」「自分のチャンネルも収益化できてるけどまったく儲かってない」「プラットフォーマーしか儲からないのは間違いない」などと同調する声が相次いだ。

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合