NEW

ドーミーイン、驚異的コスパの秘密…夜食ラーメンや寿司食べ放題、旅館並み風呂

取材・文=文月/A4studio
【この記事のキーワード】, ,
ドーミーイン、驚異的コスパの秘密…夜食ラーメンや寿司食べ放題、旅館並み風呂の画像1
ドーミーインのHPより

 出張の多いビジネスパーソンの頼もしい味方であるビジネスホテル。近年は質の高い多彩なサービスを提供するビジネスホテルも増加している。

 そんなビジネスホテル業界のなかでも人気を集めているのが、共立メンテナンスの運営する「ドーミーイン」だ。全国展開を行うビジネスホテルチェーンである同ホテルは、一般的な付加価値型ビジネスホテルの宿泊料金を維持しつつ、高クオリティなサービスを数多く提供していることで知られている。

 たとえば、JR京葉線・八丁堀駅から徒歩2分の場所にある「亀島川温泉 新川の湯 ドーミーイン東京八丁堀」では、なんと天然温泉に入り放題。そしてドリンク、アイスの無料提供、夜食用ラーメン「夜鳴きそば」が“おかわりし放題”と至れり尽くせりのサービスも付いてくる。さらに朝食付きプランでは、マグロ、いくらなどの江戸前寿司が食べ放題。ビジネスホテルとは思えないサービスが満載なのである。

 ドーミーイン東京八丁堀に聞いてみたところ、閑散期の素泊まりで最低価格7000円(税込、以下同)程度から宿泊できることもあるそうだ。朝食料金1800円込みでも約8800円と1万円未満なので驚きである。

 そこで今回は、長年同ホテルを取材してきたホテル評論家の瀧澤信秋氏に、ドーミーインの特徴や企業姿勢などについて解説してもらう。

ドーミーインのこだわりとは?

「まず一番の目玉はお風呂ですね。ドーミーインでは、ほぼ全ホテルで天然温泉の大浴場を用意し、ほかにも露天風呂、水風呂、サウナ付きと旅館顔負けの設備のあるところも多いんです。しかも、社内のお風呂専門家集団によって、湯や大浴場設備の品質を全国一律で維持しているという徹底ぶり。

 また昨今のサウナブームに乗じた取り組みも目立ちますね。特に水風呂の温度が平均13℃とかなり低めの水準になっているのは、サウナ好きからすると嬉しいところ。『チラー(冷却水循環装置)で水温を1℃下げるだけで、月に100万円ほどのコストがかかるので二の足を踏む』というのは、とあるホテルチェーン関係者の話ですが、とてつもない企業努力をドーミーインには感じますね。そして、最近ではセルフロウリュ(サウナストーンに水をかけることによって室内の温度を上げること)を導入して店舗が増えていることもサウナ好きの心を掴んでいるといえるでしょう」(瀧澤氏)

 ドーミーインの朝食も特筆すべき点がある。

「地方ならではのご当地メニューを展開しています。店舗によっては、海鮮系や期間限定で高級メロンなどのデザートを取り扱っているところもあり、素材は出し惜しみしていない印象です。ビジネスとして考えた場合に儲けはあるのだろうかと心配になってしまいますが、『お客様を満足させるために、いかにして良いものを提供できるのか』に主眼を置いて営業しているように思えますね。

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合