NEW
重盛高雄「謎解き?外食が100倍面白くなる話」

マクドナルド、店舗外に溢れる行列が解消されない意外な理由…店舗訪問で考察

写真・文=重盛高雄/フードアナリスト
【この記事のキーワード】, ,
マクドナルドの店舗
マクドナルドの店舗

 マクドナルドでは秋の風物詩である「月見バーガー」が9月7日に発売され、今年もファストフードチェーン各社が“月見商戦”で競っている。

 その一方、急激な円安などを背景に多くの食品や原材料が値上げされ、外食各社が次々と値上げを発表するなか、日本マクドナルドは好調を維持している。8月の全店売上高は前年同月比4.4%増、既存店売上高は同3.3%増となった。昨年8月は新型コロナウイルス感染拡大のなかで全店売上高は同6.2%増、既存店売上高は同5.3%増であった。既存店客数だけが同4.4%減と苦戦した昨年であったが、今年は2.5%増に転じた。

 政府による感染予防のための各種宣言が撤廃され、久しぶりに外食の自由を少し取り戻しつつある今年の夏休みシーズン。コロナ禍で苦戦を強いられてきたファミリーレストラン業態も順調に客足が戻っているなかで、マクドナルドは健闘している。非接触の仕組みをいち早く導入し、客やスタッフの感染予防に取り組み、パーティションに守られながら店内飲食を楽しむ環境をつくっており、店舗内では多くの客が楽しむ姿を見ることができる。

モバイルオーダー利用客があまり増えていない?

 そんなマクドナルドであるが、なぜか注文する客の列が店の外まで伸びている店舗が少なくない。行列は客が来店を諦めるきっかけにもなり得る。某日15時のカフェタイム、筆者は東京・有楽町駅前の有楽町ビルヂング店を訪問したが、店外の通路に伸びる客の列はなかなか店内に収まらない。ディスプレイに次々と番号が表示されるが、頭にモバイルオーダーを示す「M」がついている番号は数えるほどしかなく、全体の3割くらいだろうか。この日は近くの東京国際フォーラムでイベントが開催されていたので、終演後の客が多くの店に流れたためこのような行列になったのであろうと推測される。

 デリバリー強化と相まって受け取りカウンターの拡充を進める同社であるが、ディスプレイに表示される番号を見る限り、モバイルオーダーを利用する客があまり増えていないと筆者は感じている。飲食業を中心に人手が足りていないといわれるが、マクドナルドの店内では皆、忙しそうに動いている。テレワークの普及で出社しない働き方も増えてきているが、飲食業は基本的に対面商売だ。それゆえに、いくら注意を重ねてもコロナを防ぎ切ることは難しい。スタッフがコロナに罹患したり濃厚接触者となり休みを余儀なくされることも、人手不足の要因となる。

RANKING

17:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合