NEW
千葉哲幸「フードサービス最前線」

24時間営業の不夜城、新宿「龍乃都飲食街」の全貌…圧巻&唯一無二の施設

文=千葉哲幸/フードサービスジャーナリスト
24時間営業の不夜城、新宿「龍乃都飲食街」の全貌…圧巻&唯一無二の施設の画像1
カオスでギラギラの「横丁」をプロデュースし続ける浜倉好宣氏

 東京・新宿駅の東口、長く親しまれていたアサヒビアホールがしばらく工事にかかっていたが、ここに10月24日「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」が誕生した。路面にあるメインの入口は竜宮城のイメージ。地上1・2階、地下1・2階で270坪、17店舗で構成され1000人を収容できる。圧倒的な規模であるが、施設の構造や色使いも印象深い。確実に街のランドマークとなることだろう。

食と映像で独特の一体感を醸し出す

24時間営業の不夜城、新宿「龍乃都飲食街」の全貌…圧巻&唯一無二の施設の画像2
10月24日にオープンした「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」の入り口は竜宮城のイメージ

 施設内は地上1・2階が5店舗で24時間営業、地下1・2階は12店舗で12時から翌朝8時までの20時間営業。ほとんど“不夜城”である。具体的に施設内を構成する17店舗個々の店名と業種を紹介しよう。

■地上階、2階
・「ピザ&パスタ 赤煉瓦」:カジュアルイタリアン
・「中華食堂 羽衣楼」:ポップな中華食堂
■地上階、1階
・「台所 日ノ本」:日本全国食べ比べ
・「韓明洞」:カジュアル韓国流
・「Soi Bangla」:タイ屋台

 地上1・2階の入り口は新宿駅東口から明治通り方面に続く道路に面して「龍乃都飲食街」という看板を掲げている。名称通りに入口が竜宮城をかたどっていてよく目立つ。ここはランチ需要を取り込める場所であることから、ピザ&パスタ、中華食堂、タイ料理、日本大衆食堂、韓国大衆食堂と分かりやすいポピュラーな業種を集めて食事需要にも訴求している。地下も1・2階で構成されているが、地上階とは趣が異なる。

■地下階、1階
・「PUB TESUN」:カジュアル韓国パブ
・「牛の肉宮(NIKUGU)」:牛づくし
・「魚街道」:魚介酒場
・「肴鮨(ATESUSHI)」:つまみと寿司
■地下階、2階
・「焼鳥・鳥づくし 炎上(CHARCOAL GRILL)」:焼鳥・鳥料理
・「金豚帝(Kintontei)」:豚料理
・「貝道(KAIDO)」:貝づくし
・「焼肉酒場 焼肉肉蔵(NIKUKURA)」:焼肉酒場
・「TEPPANDO鉄板堂(TEPPANNYAKI&MONJYA)」:鉄板焼き・もんじゃ
・「香港屋台小龍(SHORYU)」:香港ネオン屋台
・「博多 屋台屋(HAKATAYATAIYA)」:博多屋台で九州飯
・「VIP」:泡と飯と唄

 地下階の店はそれぞれ専門性が高く、フードはお酒のおつまみ的なポジションになっている。店名に逐一ローマ字表記がなされているのはインバウンドを意識しているからだろう。ここで圧巻なのは地下1階から吹き抜けとなっている地下2階を見下ろす眺めだ。ネオン管でつくられた派手な看板が重なり合って天井部分を構成し、屋台が密集する地下2階のフロアと相まって夢の中に現れる空想の屋台市場を連想させる。

24時間営業の不夜城、新宿「龍乃都飲食街」の全貌…圧巻&唯一無二の施設の画像3
「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」の1階では“流し”が酔客を楽しませる

 心臓の鼓動のようなBGMと共に大きなモニターでテンポよく変化していく画像によって気分が高揚する。ここに昼間いても深夜いても時間を忘れて同じようなハイテンションのままでいることができるだろう。地上階では“流し”が客席を回り酔客の歌のお供を務める。地下階にはDJブースがあり音響のアートが楽しめる。カオスな空間であるが食と画像と音によって独特の一体感を醸し出している。

24時間営業の不夜城、新宿「龍乃都飲食街」の全貌…圧巻&唯一無二の施設の画像4
「龍乃都飲食街~新宿東口横丁」地下1階から地下2階を見下ろす眺め

24時間営業の不夜城、新宿「龍乃都飲食街」の全貌…圧巻&唯一無二の施設のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!