NEW

パチンコ「超名作」ついに新時代へ降臨!? 激化するラッシュに「大物」参戦か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「超名作」ついに新時代へ降臨!? 激化するラッシュに「大物」参戦かの画像1

 かつてブームを巻き起こした「名作」の活躍が目立った2018年。

 パチスロ分野で特に大きな反響を得たのは『ディスクアップ』(サミー)だ。設定1でも出玉率「103%」という甘さが魅力の本機。リーチ目・技術介入といったゲーム性も、コアユーザーの心を掴んだ要素だろう。

 パチンコ分野で存在感を放っていたのは『CR冬のソナタ Remember』(京楽産業.)だ。

 デビューから大きな反響を得ることに成功。昨年、最も高い稼働を誇ったミドルタイプと言える。人気のバロメーターでもある中古機価格で1位になるなど、予想を超える活躍を見せた。

 そんな成功機をリリースした京楽産業.が、満を持して導入した『AKB48』最新作もデビューより高い稼働を実現している。

「最新作『CRぱちんこ AKB48-3 誇りの丘』が12月17日より全国導入されましたが反響は大きいですね。期待値「8000発オーバー」という強烈な出玉ループを実現。それだけはなくAKBグループの魅力を引き出す演出や、新デバイスが加わったインパクト抜群の筐体も好評です。

一大ブームを巻き起こした『AKB48』ですが、かつての勢いは失われつつあるイメージでした。しかし、まだまだコンテンツに力があることを証明しましたね。『冬のソナタ』に続き、長期稼働を実現できるかに注目です」(パチンコライター)

 スペック面の規制が強まった影響もあり、新台がヒットしづらい傾向の昨今。高い実績を誇るコンテンツへ反響が寄せられることは自然かもしれない。「人気作」を抱えるメーカーの動向が気になるところだが……。

 根強いファンを持つ名物メーカーに動きが。シリーズ化されている人気パチンコ「新規則機」のデビューが迫っていると話題だ。

パチンコ「超名作」ついに新時代へ降臨!? 激化するラッシュに「大物」参戦かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!