NEW

武豊「ノーザン系クラブ0勝」でもリーディング2位に驚愕......冴え渡る手腕、「全国1位奪還」も視野に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「ノーザン系クラブ0勝」でもリーディング2位に驚愕......冴え渡る手腕、「全国1位奪還」も視野に?の画像1

 23日、中山競馬場で行われた日経賞(G2)は、武豊騎手のメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)が勝利。武豊騎手は、翌日こそ未勝利に終わったものの、土曜日に2勝を挙げて通算34勝。騎手リーディングでは、川田将雅騎手に次いで2位をキープしている。

 今月15日に50歳という節目を迎えたものの、未だその手腕は衰えを知らず。ここ2年連続でリーディングは10位に終わっていたが、このまま武豊騎手が好調をキープすればベスト3も現実的。順調に勝ち星を重ねている武豊騎手だが、この成績に面白い傾向があるという。

 それは先日放送された『武豊TV!II』(フジテレビ ONE TWO NEXT)でのこと。番組では見栄晴氏がMCを務める『武豊ファンミーティング2019』の一部が公開された。そこでは武豊騎手が昨年を振り返りつつ、達成した4000勝のレース別内訳やJRA賞特別賞受賞などについて語っている。

 そして2019年の話題になると、武豊騎手は2月末までに26勝を挙げていたが、この積み上げた勝ち星について「全部個人のオーナーらしいんです。すごく強力なグループっていうか、クラブ法人あるじゃないですか。1勝もしていないんです。それはなかなかじゃないですか? これは自慢ですね」と胸を張った。見栄晴氏からも「すごいですねぇ」と感心されたものの、「でも、逆に言ったらクラブ法人の馬でも頑張ってください」と切り返されると、武豊騎手は「乗っているけど、なんかこうね。1倍台とか声がかからないんですよ」と返答。そして、リーディング獲得を目指してほしいと言われると、「可能性は0ではないので。精一杯頑張ります」と語っていた。

武豊「ノーザン系クラブ0勝」でもリーディング2位に驚愕......冴え渡る手腕、「全国1位奪還」も視野に?のページです。GJは、競馬、JRAノーザンファーム武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!