NEW
スマホ&通信の祭典『ワイヤレスジャパン』に潜入!<前編>

対災害機能が満載! 震災以降のスマホのあり方

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
post_217_1.jpg
魅力的な最新技術がいっぱい!
 モバイル・ワイヤレス業界の最新技術が一堂に会する「ワイヤレスジャパン2012」が、今年も5月30日~6月1日にかけて開催された。出展社数は180社、参加人数は5万5000人と、モバイル業界における日本最大級のイベントとなるワイヤレスジャパン。会場となった東京ビッグサイトには、ビジネスや生活を一変させる驚きのテクノロジーを目当てに、数多くのビジネスマンたちが詰めかけた。


 現在、モバイル業界で最も勢いがあるのは、もちろんスマートフォン。この最新技術を一目見ようと、KDDIとドコモのブースには連日溢れんばかりの来場者が押し寄せていた。KDDIは、先日の発表会でも披露された、定額制で動画や音楽がダウンロードし放題となる「ビデオパス」「うたパス」などのサービスを中心に展示した。


post_217_2.jpg

 また、auが開発し、今年中のサービス提供開始を目指す新技術「リンクアグリケーション無線技術」にも注目が集まる。「3G回線とWifi回線を同時に使いながらデータのダウンロードが可能となるこの新技術を使えば、これまで回線速度に不満を持っていたユーザーも、ストレスなくスマホライフを楽しむことができるようになります」と、担当者。


post_217_3.jpg

 一方、ドコモの出展する「3Dライブコミュニケーションシステム」は、ヴァーチャル空間でリアルタイムにコミュニケーションができるほか、会話のなかからキーワードを抽出し、画面上に表示するというスグレモノ。未知なるバーチャル空間を体感するべく、ブース内には長蛇の列ができている。また透明なディスプレイの両面がタッチパネルとなっている「透過型両面タッチディスプレイ端末」の展示にも、未来のスマホの姿を一目見ようと黒山の人だかりができていた。

『機動戦士ガンダムUC 5』


こんな未来もいつか来る。

amazon_associate_logo.jpg