NEW
「ダイヤモンド」vs「東洋経済」! 経済誌双璧比べ読み(9月第2週)

「イエスといったじゃないか!?」逆ギレ恫喝営業テクニック

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

post_692.jpg
(左)「週刊東洋経済 9/15号」 (右)「週刊ダイヤモンド 9/15号」
●スズキ工場、インド人労働者暴動の真実

 「週刊東洋経済 9/15号」の大特集は『アジアで失敗しない「人の活用法」』。尖閣諸島の領有権を主張する、中国市民の反日デモ、韓国との竹島問題の深刻化。日本に対するアジアのまなざしは厳しさを増しているように見える。また、今年7月末には、中国江蘇省の王子製紙工場の排水パイプライン敷設計画に反対する数千人規模のデモも発生した。デモは日々の生活に不満を持っている人がそのはけ口として行なっているものの、こういう時代だからこそ、日本企業の経営者や幹部は現地の人たちの力を最大限引き出すようなマネジメント力やコミュニケーション力を手に入れなければならない。

 また、中国の人件費が高騰したために、欧米や韓国、そして、アジア各国の国営企業との人材の奪い合いが表面化している。その意味でも日本人は自分たちのマネジメント力をもっと引き上げる必要があるのだ。そのために必要なこれまでの成功事例、失敗事例をまとめた特集だ。

 ・インド人は愛国心は強いが、愛社精神は乏しい。
 ・中国人はシビアな職業観を持つが、家族ぐるみの付き合いを大事にする。
 ・ベトナム人は自分や家族のために働く。「知識を人と共有せず、自分だけで抱え込んでしまう」
 ・インドネシア人は、周りから阻害されたくないという思いが強い。
 ・タイ人はほほえみの国といわれるが、うれしいときだけでなく当惑しているときや、文句を言われたときにも笑う。
 ・フィリピン人は、本当はノーといいたいのに、はっきりと断らない人も多い。
 ・仏教式志向で日本人が親しみやすいのはミャンマー人

……といったアドバイスが並ぶ。

 とくに興味深い記事は、今夏のインド子会社「マルチ・スズキ」社マネサール工場の暴動について、その原因を詳しく取り上げた記事だ。

 7月18日夕方、首都ニューデリーに近い、インド北部ハリヤナ州にあるスズキの現地子会社「マルチ・スズキ」社マネサール工場の労働者が暴徒化。一部が事務所に乱入してスタッフに暴行するなどし、破壊や放火に及んだ。この暴動で同社人事担当のインド人マネージャー1人が死亡。日本人派遣社員を含む約100人が負傷する事態となった。

『週刊 東洋経済 2012年 9/15号』


海外での足固めが寛容。

amazon_associate_logo.jpg

『週刊 ダイヤモンド 2012年 9/15号』


イ、イエス…(泣)。

amazon_associate_logo.jpg