NEW
現役人事担当者がセキララ告白「激変する採用現場のリアル」

「転職エージェントを使ってくる時点で不採用」(採用担当者)

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
【前編はこちら】
『転職エージェント、広告は不要!?外資系企業のスゴい採用』

 グローバルに展開する某大手外資系企業A社。その日本法人では、全国に営業・サポート拠点を持ち、社員数は1000名を優に超えている。

 そのA社は、
 
「外部からの採用は、転職エージェントをほとんど使用しない」

という独自の取り組みを行い、「アクティブに動く人事」「待ちの人材採用から投資効率を意識した人材採用」をポリシーとしている。

 そんな同社の取り組みを推進するB氏に、前回に引き続き、

 「転職エージェントを使用せずに、本当に優秀な人材を採用することができるのか?」
 「採用の現場で、今、何が起こっているのか?」

そして、

 「転職に失敗しないための新常識」

などについて、リアルな採用現場の実態を交えながら、語ってもらった。

ーー具体的に、求人広告やエージェントの情報を、どのようにして得ていますか?

B氏 まずは、求人広告の担当営業やエージェント本人から直接話を聞きます。「求人広告やエージェントは、実際の担当者の優秀さで決める」と言っている人もいますが、それは既に仕事のできない人事の典型です。金魚すくいに行って、店のおじちゃんの愛嬌の良さで決めるのか、水槽の中の金魚の数や質で決めるのか、という話です。あとは同業他社から、○○(エージェントの名前)が最近かなり決めているとかの情報交換を行うことはあります。

 もちろん、「ソーシャルリクルーティング」などの旬のテーマはWebや書籍、必要に応じて勉強会に参加したりして学びますし、実際に自分がサービスを利用してユーザビリティをチェックします。
 
 その他、毎日のように求人広告をチェックすることで、

 「ここは未経験、特に営業の求人が多い」
 「ここはいつもA社の関連会社の求人ばかり出ている」

などの情報を入手できます。また、月曜日はDODA、火曜日はenとマイナビ、水曜日はリクナビNEXTがアップデートするなどと、全ての転職サイトの情報は頭の中に入っていますので、それも毎日チェックしています。

 どんな求人が多いのかで、そのサイトにどのような候補者が多いのかも把握できます。例えば、転職サイトは知名度の違いくらいしかないと見えるかもしれませんが、実際の登録者はまるで違います。若手を狙うのか、エンジニアを狙うのか、バックオフィスを狙うのか、それぞれのニーズに合わせて最適な転職サイトを選ぶ必要があります。これは媒体から提供される具体的な数値と、長年やっている感覚値でしかありません。毎日の地道な活動で養われるものです。

ーーBさんが日々の採用活用で心がけていることは何でしょうか?

『Panasonic 交換用逃がさんパック』


仕事ができる人はお部屋もキレイ!

amazon_associate_logo.jpg