NEW

異色の“雑談”集団が書籍を出版~「太鼓もち」「ブスをほめる」を勧める狙いとは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0629_sinkanjp.jpg
※画像:『正しい太鼓のもち方-上司を転がす35の社交辞令』著:トキオ・ナレッジ/宝島社

『正しい太鼓のもち方』『正しいブスのほめ方』(いずれも宝島社)という本が話題を集めている。

「太鼓もち」とは「人にへつらって気に入られようとする者」という、あまりよくない意味で使われる。「ブス」は言わずもがなだ。そのマイナスなイメージの言葉をあえて前面に押し出し、付き合いづらい上司、同僚などとの関係に悩むビジネスパーソンに、ユーモアを交えて「人間関係はこうやって築くべし」と教えてくれるのが上記の2冊だ。

 これらの本を執筆したトキオ・ナレッジとは、いったい何者なのだろうか? 今回は、謎に包まれた著者に迫り、執筆に至った経緯を伺った。

--「トキオ・ナレッジ」とは、どのような方々が集まっていて、どのような活動をされていらっしゃるのでしょうか?

トキオ・ナレッジ(以下、トキオ) 基本的に、利害関係ゼロの雑談仲間です。お酒が入ることもあれば、まったく入らないこともあります。弁護士、放送作家、大手メーカー工場長、デザイナー、茶人、フリーライター、シンクタンクSE、イラストレーター、カメラマン、新聞記者、ノンキャリア官僚、フリーターらで構成されています。書籍制作にあたる主なメンバー(文末にて紹介)以外は、ネタ出し、ダメ出し、ひやかし、応援、傍観、スルーなど思い思いのスタンスで参加しています。

--『正しい太鼓のもち方』『正しいブスのほめ方』は、どのような経緯で出版に至ったのでしょうか?

トキオ これはもともと雑談の中で「それ、イチローも同じこと言ってましたよ」とか「赤が似合うなあ!」といった「言われてうれしいフレーズ」に注目が集まり、「なんでうれしいんやろか?」という雑談から、企画が動き始めました。

--出版にあたり、かなり多くのタイプの人物を研究されたようですが、どのようにネタ集めをされたのでしょうか?

トキオ メンバーが過去に出会った人たちのステレオタイプ像をまとめました。

--それらの人物をカテゴライズする際に、かなり心理学的要素が入っていますが、専門家がいらっしゃるのでしょうか?

トキオ 特にいませんが、心理学の書籍を編集しているメンバーがいるため、影響を受けている部分もあるのもしれません。

--「コミュニケーションの取り方」をテーマとして、広くかつ優しくビジネスパーソンに提言しているように見受けられますが、現代の若者のコミュニケーションは、どのあたりに問題があるとお感じでしょうか?

トキオ 若者が特にコミュニケーションに難ありとは考えていませんが、全世代的に「思いやり」のなさがコミュニケーション不全につながっているといえます。

--その原因は、どこにあるとお考えでしょうか? また、その対処法はありますか?

トキオ 「個人主義」といえば聞こえはよいかもしれません。けれども、やっぱり「自分さえよければそれでイイ」という考え方では、軋轢(あつれき)しか生まれません。円滑な人間関係は、相手のイイところを見つけてあげる、気づいてあげる、認めてあげる、ほめてあげることで築けます。結果、お願いを聞いてもらったり、助けてもらったりできる。「情けは人のためならず」なのです。
目上の人が相手なら、尊敬させていただき、太鼓を持たせていただくべきでしょう。

『正しい太鼓のもち方』


どんなポンコツもキレ者もメロメロ。ほめて、頼って、気に入られる「子分」という生き方。

amazon_associate_logo.jpg

『正しいブスのほめ方』


どんなにほめづらい強敵もイチコロ!社会人なら必須のマナー&スキル。

amazon_associate_logo.jpg

『なぜかハンサムな人の所作とマナー』


のれんくぐりは背中に哀愁を!ここぞというときのカズダンス! 超かっこいい腕時計の見方!大人なら知っておきたい男の美学。

amazon_associate_logo.jpg