NEW

男性向けスマホ恋愛ゲーム、なぜブーム再来?質の向上と“リアルさ”がコアユーザー獲得

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガールフレンド(仮)」公式サイトより
 ゲームの中には“恋愛シミュレーションゲーム”と呼ばれるジャンルがあり、古くは『ときめきメモリアル』シリーズ、近年では『ラブプラス』シリーズ(ともにコナミデジタルエンタテインメント)などのヒット作が生み出されている。この2作をはじめ、恋愛シミュレーションゲームの多くは男性向けだったが、スマートフォン(スマホ)のアプリゲームではシェアが逆転し、女性向けのいわゆる“乙女ゲーム”が主流となった。

 従来のゲーム専用機でプレイされていた恋愛シミュレーションゲームは、本格的であるがゆえにゲームのシステムが複雑で難度も高かったため、ゲームに手軽さを求めるライトユーザーが多い女性には、はやらなかったのだ。しかし、凝ったゲーム性が受け入れられにくいスマホのアプリゲーム用に、簡単な操作と易しいシステムの乙女ゲームが登場。潜在的には恋愛シミュレーションゲームの需要はあったが、取っつきにくさで敬遠していたという女性たちが飛びつき、スマホでプレイする乙女ゲームブームが巻き起こったという流れがある。

 そして現在、数多くの乙女ゲームのヒット作が生まれたことで、逆輸入的に男性向け・スマホアプリの恋愛シミュレーションゲームにも再度火がつき始めているという状態だ。中でも昨年末から今年にかけて、あるゲームのテレビCMがネットを中心に話題となった。

 サイバーエージェントが運営するインターネットサービス「Ameba」が提供している男性向け恋愛アプリゲームで、“耳で萌える学園恋愛ゲーム”と銘打たれた『ガールフレンド(仮)』。豪華声優を配した各ヒロインたちが自己紹介していくCMが話題になり、無料動画共有サイト「YouTube」にアップロードされたそのCM動画は、1月31日時点で再生回数・約120万回を記録。またそれに伴い、ゲームのダウンロード数は400万を突破(1月時点)という快挙を達成しているのだ。

 もちろん、これだけではない。ヒロインたちとルームシェアをして恋をする恋愛アプリゲーム『ただいまっ!うちカノジョ』(モバイルファクトリー)も100万ダウンロードを突破するなど、スマホアプリの男性向け恋愛ゲームはブームの兆しを見せているのである。

 そこで前述の『ガールフレンド(仮)』のプロデューサーを務めるサイバーエージェントの横山祐果氏に、男性向け恋愛ゲームに関する現状や同作のヒットの要因について話を聞いた。

●月間売上高14億円、止まらない市場規模拡大

 そもそも、なぜ男性向け恋愛アプリを制作したのだろうか?

「もともと『Ameba』の利用者は7割ぐらいが女性だったのですが、男性ユーザーに利用してもらえるよう男性向けゲームを強化していこうと考え、美少女を前面に押し出したタイトルをつくることになったんです。ただ、美少女ゲームはスマホのアプリゲームでは少なかったものの、ゲームのジャンルとしてはすでに市場にも多かったので、後発で勝つために今までにない新しい要素を盛り込めいないかと考え、『声』という要素に着目したんです。当時はまだ音声を使ったゲームはそう多くなかったことから、豪華声優陣を起用したゲームをつくろうと考えたんです」