NEW
星良孝『医療と健康の最前線からこぼれる話』(9月2日)

認知症は治らない?治さなくてよい?「治る」という考えが、患者の徘徊や攻撃的行動の遠因に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より

●認知症を治さなくてよいと考える発想転換


 今、『治さなくてよい認知症』(上田諭/日本評論社)という本が注目を集めています。認知症についてこれまでの常識を覆し、認知症を治そうとする風潮をある意味で否定して「治す必要はないのだ」という発想転換を迫っています(本稿では認知症とは、その多くを占めるアルツハイマー病のことを指します)。そのため、賛否両論の議論を起こすかたちで大きく注目されています。

 そもそも認知症が今、従来ないほど関心を集めています。今年ほど認知症が注目されているのは、この10年近くで初めてではないでしょうか。まずは認知症患者が潜在的な層も含めて900万人に迫っているというのが大きいのでしょう。昨年末、朝田隆・筑波大学教授(精神神経科)らが、認知症患者が全国に462万人、一歩手前の軽度認知機能障害(MCI)者はおよそ400万人いるとの調査報告を行いました。 また、テレビ番組のNHKスペシャル『“認知症800万人”時代 認知症をくい止めろ~ここまで来た!世界の最前線~』(7月20日放送)をはじめ、メディアもこぞって認知症を取り上げていました。

 4月には、認知症の高齢者が徘徊して踏切事故に遭うという事件で、鉄道会社が高齢者の家族に対して損害賠償請求を行い、裁判所は360万円の賠償支払いを命じ話題を呼びました。さらに行方不明が1万人に上ったなどとも伝えられています。

 こうした中で「いかに認知症を治すか」という議論が沸く中で、「そもそも治さなくていいじゃない」という観点が出てきたことが世間に驚きを与えているのです。

●15年前から薬が登場するも「全然治らない」


 本書の著者である医師の上田氏は、「自分の診ている患者が大まかにいって半分はうつ病、半分は認知症なのですが、うつ病は治療するとどんどん良くなるのに、認知症は本人と家族の不満がたまっていく一方でした」と述べています。上田氏は、15年ほど前に認知症薬が登場してこれで状況が改善すると期待しましたが、結果として認知症を治せないことに愕然としました。思い悩む中でたどり着いたのが「治さなくてよい」というアプローチでした。

 上田氏は、短期間の出来事を記憶できなくなったり、順序立ててする行動で困難を伴うようになった場合は医療機関で受診することは勧めています。一見、認知症でも、うつやてんかん、偽物の認知症の場合があり、治せるからです。その上で、「認知症はそもそも治さなくてよい」と考えると、医師や患者を含めて、周囲の本人に対する接し方が大きく変わるといいます。

 現在では認知症が治るという観点に立ってしまい、家族はなんとか治そうと思うので、本人に記憶障害が発症してできるはずのことができなかったりすると、「なぜできないのか」と怒ってしまう。そこに問題があると上田氏は指摘しています。