NEW

株で4千万円儲けたお笑い芸人の必勝法、4千万円損した超人気作家の失敗理由

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 ボーナスの時期ということもあって、この時期は経済誌で「株で儲ける」特集が目立つ。

「週刊東洋経済」(東洋経済新報社/12月13日号)は『いま、買うべき株と投信』という特集を組んでいる。「追加金融緩和後に再び加速した円安・株高。2015年のマーケットはどうなるのか、何に投資すべきか?今後の注目ポイントや銘柄選別のツボを徹底解説」という内容だ。

 日本銀行が10月31日、長期国債の買い増しとともに、上場投資信託(ETF)の購入枠をそれまでの3倍の3兆円に増やす追加金融緩和策を発表した。世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も株式投資枠の拡大を決めており、買い需要に厚みが増した。「日銀もGPIFも株価を大きく押し上げるような買い方はしないが、株安局面では積極的に出動する」(同特集)とみられており、日本株は下がりにくくなったのだ。

 投資家の先高期待は高まり、来年の日経平均株価は2万2500円も視野に入るといわれている。

「注目されるイベントを無事に通過し安倍政権の株高政策継続、企業業績も期待どおりに伸びるとなれば、米国利上げの影響をこなして日経平均は2000年ITバブル時高値2万0833円を抜き、1996年6月につけた2万2666円を目指す展開に入る可能性がある」(同特集)

●投資失敗例


「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/11月22日号)の特集『買っていい株237 買ってはいけない株163』によれば、個人投資家も意欲的で「野村証券では、普段の5倍の問い合わせが殺到。コールセンターの人員で受け切れず、支店の社員まで駆り出した。楽天証券でも同様で、特に休眠口座を持つ人のID・パスワードや入金方法の問い合わせ」(同特集)が多いといい、今後投資が活発化するとみられている。

 現在、原油安でロシア情勢が大きく動き出し、リスクが高まっているが、ボーナスを株式に投資という人もいるだろう。そこで失敗例と成功例を紹介したい。まずは失敗例。

「週刊ダイヤモンド」のインタビュー記事『印税が消えてなくなった?ベストセラー作家の大失敗』では、大ベストセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(光文社)の著者で公認会計士の山田真哉氏の投資失敗談を掲載している。山田氏が株式投資を始めたのは05年ごろで、日経平均株価が1万1000円から1万6000円に跳ね上がった時期だ。しかし06年、「ライブドアショック」に見舞われた。山田氏は自らの投資経験について次のように語っている。