NEW

LIXIL剛腕社長、積極M&Aで海外売上高ゼロから1兆円へ リーダー育成術にも注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LIXILグループ 公式サイト」より
 超ドメスティック(内需型)企業からグローバル企業へのシフトはいまだ途上――。建築材料・住宅設備機器業界最大手のLIXILグループ(旧住生活グループ)は、大変革が難航している。

 変革の推進役は、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の上席副社長を務めたこともある藤森義明社長兼CEOだ。スピード経営を信条にしている藤森氏は、M&Aを果敢に繰り広げている。

 1月早々には、政府から東京電力の会長就任を打診されているという、フライング気味の報道が駆け巡った。就任するなら6月からだというが、原子力発電所事故の発生以前、東電は財界の頂点の1つだったわけで、トップに立てば異例ともいえる大出世だ。

 LIXILグループの業績が悪化しているところで、海外企業の買収を主導してきた藤森氏が東電の会長になった場合、リーダーが不在になる可能性がある。これを嫌気して、1月6日に株価は一時6%安と急落した。

 2月2日の決算会見(2014年4月~12月期連結決算)で去就を尋ねられた藤森氏は、「LIXILにずっといる」と明言した。市場からは「ここで藤森氏がいなくなれば、まさに敵前逃亡だ」との声が上がっていたため、そう言わざるを得なかったのかもしれない。

「3年で結果を出さなければ、5年やっても同じ」が藤森氏の持論だ。しかし、14年4月~12月期連結決算は、純利益が198億円と前年同期比で46%減少しており、通期(15年3月期)も下方修正している。

 変革は、道半ばだ。15年4月に海外の買収企業を含めた組織を再編し、「水回り」「住宅」「建材」「キッチン」の4社体制に移行する。それぞれのトップに責任を持たせることで「グローバルで迅速な意思決定をする」と、藤森氏は語る。

●GEを経てLIXILグループトップに就いた藤森氏


 藤森氏は、11年8月1日に当時の住生活グループの取締役代表執行役社長兼CEOに就いた。「60歳は日本では還暦だが、英語ではリセットと言う。60歳を機に、リセットするならやはり日本人として日本企業を変えることにチャレンジすべきだと考えていた」と語る。

 藤森氏は東京大学工学部を卒業後、日商岩井(現双日)を経て、1986年に日本GEに入社した。01年から米GEの上席副社長、05年に日本GE会長に就き、08年より社長も兼務している。

 日本GEの会長だった当時、複数の日本企業から「社外取締役になってほしい」というオファーが寄せられた。住生活もそのうちの1社だったが、GEの規則で他社の取締役を兼務することはできなかった。すると、当時住生活の会長を務めていた潮田洋一郎氏から「勉強会を開きましょう」と誘われ、藤森氏はアドバイザーとして2年間、毎月の勉強会に参加した。

 潮田氏は、勉強会に毎回持ち込まれる藤森氏の手書き資料と助言に熱心に耳を傾け、経営に取り入れた。その後、LIXILグループはトステムやINAXなどの住設機器5社をLIXILに統合したが、これは藤森氏の「持ち株会社に複数の事業会社をぶらさげるより、ひとつにまとめたほうが経営効率がよい」という助言が、潮田氏の背中を押した結果だ。また、この統合によって藤森氏は潮田氏が本気で会社を変えようとしていることを感じた。