NEW

親の孤独死、遺体の体液で実家が汚染…相続財産が負の遺産に、高額な負担も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「写真素材 足成」より
 人が亡くなったまま放置される、いわゆる事故物件高齢化が進むにつれ孤独死は増え、今後もこうした事故物件は後を絶たないだろう。

 そこで、ニーズが増大しそうなのが、特殊清掃業者だ。特殊清掃業者とは、孤独死や自殺などで汚染された住宅を清掃する特殊業者のことだ。

『住宅情報誌が書かない コワ~い不動産の話』 (別冊宝島取材班/宝島社)収載のルポ『特殊清掃・遺品整理業で働いてみた!』では、特殊清掃業者で清掃補助のアルバイトとして働いた青年の話が紹介されている。

「東京近郊の閑静なベッドタウンに建つ50坪ほどの木造家屋。隣家の住人がこの家に住んでいた80代の女性の孤独死に気づくまで4日ほどだったというが、入梅前の蒸し暑さの中、相当に腐敗は進んでいた」

 このような状態の家屋の清掃には、想像を絶する作業が待ち構えているという。

「湿度の高い天候の中、作業着の上にさらにタイベック(対細菌防護服)で頭まで覆い、高機能マスクに密閉性の高いゴーグルという原発作業員並みの装備をしてもなお、腐臭からは逃れられない。故人が亡くなったのは、一階12畳のリビングとダイニングの間。たった4日で遺体から浸出した体液はフローリングに見事な人型を作って広がり、廊下にまで赤黒く厚みのある巨大な瘡蓋のような染みを作っていた。床下収納から建物の床下を覗いていた清掃業者の社員スタッフがぼやく。どうやら腐敗した体液がフローリングとドア枠の隙間から浸出し、床下も汚染されていたようだ」

 遺体の腐敗具合が生々しく描写される。さらに故人の一人息子の男性が現場に立ち会えないほど悲しみにうちひしがれるが、男性は現実的な問題として、クリーニングのみならず、不動産の処分方法について検討しなければならない。それは必ずしも財産とはならず、大きな負担となることもある。

 別居して暮らす親の死が、本来相続財産であるはずのその不動産を「巨大な負の遺産」にしてしまうのだ。なお、こうした特殊清掃業者は、事故物件専門の不動産業者やリフォーム業者との兼業が多く、大規模なリノベーションを提案するか、確実に売れそうな立地であれば業者が丸ごと買い取りを提案することもあるという。