NEW
宇多川久美子「薬剤師が教える薬のリスク」

降圧剤は要注意!安易な服用は命の危険?脳梗塞、認知症、意識障害の恐れも

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Thinkstock」より
 降圧剤は、最も市場規模の大きい薬です。そのため何百種類もジェネリック【後発医薬品:新薬の特許期限が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分の薬】があります。しかし、最近まで降圧剤先発薬が使われるケースが多かったように思います。ジェネリック医薬品のメーカーには先発薬メーカーほど技術的な蓄積がないため、服用後短時間で効果が表れ、急激な血圧低下を起こすケースが少なくなかったからです。血圧が一気に上がることは危険ですが、一気に下がることも同じくらい危険なのです。ふらつき、頭痛、体調不良などを引き起こすからです。

 そのため、ジェネリックの降圧剤は、医師の間で不人気な状態が続いていました。

 しかし、ここにきて状況が大きく変化しました。最も売り上げの多い「ブロプレス」(武田薬品工業)と2位の「ディオバン」(ノバルティスファーマ)の特許期間が相次いで終了し、「オルメテック」(第一三共)と「ミカルディス」(販売:アステラス製薬、製造:日本ベーリンガーインゲルハイム)も特許の期限切れが近づいているのです。

 降圧剤を必要としている人にとっては一生付き合っていく薬ですから、先発薬と同等の効果が期待できて安全性にも問題がなければ、これを機会にジェネリックに乗り換えようと考えている人も多いのではないかと思います。ジェネリックに替えれば、30年服用した場合、保険適用・3割負担として4~20万円も節約できることになるのですから、当然といえます。

 そうした旺盛な需要を見越して、メーカー側も力を入れています。ディオバンが特許切れになったあとは、各社から厚生労働省に降圧剤ジェネリックの製造申請が相次ぎ、34社140品目が承認され、すでに販売されています。共通薬品名は「バルタルサン」です。

『それでも薬剤師は薬を飲まない 』


ベストセラー『薬剤師は薬を飲まない』の待望の続編

amazon_associate_logo.jpg