NEW
三池純正「歴史はこんなに面白い!」

徳川家康を二度撃退した幻の上田城 金箔瓦の豪華絢爛な城だった?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上田城(「Wikipedia」より/Ans~jawiki)
 長野県上田市の中心街にある、上田城。春になると、たくさんの桜が城を背景に咲き乱れ、市民の憩いの場としても知られている。

 この上田城は、真田昌幸が築城したことでも知られており、本丸跡には真田神社という、真田氏を祀る神社が建てられている。また、上田城は、当時最強といわれた徳川軍を真田氏が二度にわたって撃退した舞台でもある。

 しかし、今は公園となっている城内を歩いてみると、規模は小さく、近年再建された櫓や門などの建物も、質素そのものという感じがする。本当にこの小さな城で真田氏が徳川の大軍を破っていたとしたら、まさに快挙といえるだろう。

 実は、現在残っている上田城は真田氏の時代のものではない。真田氏の後に上田に入った仙石忠政が築き直した城である。真田氏の時代の上田城の規模や周辺の様子などについては、今もまったくわかっていない。

 慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで、昌幸と信繁(幸村)の親子が徳川家康に敵対したことから、2人は和歌山の九度山に流される。そして、徳川軍をさんざん苦しめた上田城は、家康の命令により、痕跡をとどめないほど破壊され、埋められてしまったのである。

上田城に存在した? 「金箔瓦」の謎


 古代史の謎とされる「オーパーツ」というものがある。その時代には存在するはずのない事物のことだ。例えば、まだ人類が存在しないはずの時代の地層から金属製のねじが見つかった例や、飛行機がない時代につくられたと思われる、スペースシャトル風の飛行物体のオブジェなどがそれだ。

 実は、この上田城にもオーパーツが存在している。第二次世界大戦前、上田城の二の丸の外れで、信じられないものが見つかっているのだ。

 瓦に金箔を施した「金箔瓦」という一品である。現在、その実物は上田市立博物館に陳列されているが、質素で小さな上田城には似つかわしくない豪華なものである。

 金箔瓦は、織田信長の安土城、豊臣秀吉の大坂(おおざか:現在の大阪)城や伏見城など、豪華絢爛な天下人の城に使われたものであり、一般の大名が使える代物ではない。

 それが上田城から発見されたのだから、まさにオーパーツというほかない。それが本当に上田城のものだったとしたら、現在から類推する上田城とはまったく違う、もうひとつの上田城が同じ場所に存在したことになる。

 最初の発見後、城跡の公園整備に伴う工事や、本丸の堀の浚せつなどの際にも、金箔瓦は見つかった。しかも、鯱(しゃち)瓦、鬼瓦、鳥衾(とりぶすま)瓦などの本格的な金箔瓦が次々と出土したのだ。