NEW

クックパッド、不可解すぎる内紛騒動…創業者と現社長、激しい対立の「狙い」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト「クックパッド」
 創業者と自身が指名した後継者の間で対立が生じ、プロキシーファイト(委任状争奪戦)勃発かとみられていたクックパッド


 そのクックパッドが2月5日、2015年12月期の決算発表と同時に、3月下旬開催予定の定時株主総会に提出する取締役選任議案を創業者側と一本化することで合意したとするリリースを発表した。人選はこれから指名委員会で検討するとしているが、これでプロキシーファイトの可能性はほぼなくなったことになる。
 
 創業者の佐野陽光氏はクックパッド株式の43.6%を握る大株主。一方、現社長の穐田誉輝氏の保有割合は14.7%。最初からケンカにならないほど保有割合に差があったが、このケンカには疑問に感じられる点が多いのだ。

佐野氏の主張


 クックパッドはユーザー登録型レシピサイトで断トツの国内シェアを誇り、公表されたばかりの15年12月期の年商は147億円で営業利益は65億円。前期が決算期変更に伴う8カ月決算だったので単純な比較はできないが、12カ月に換算すると売上高は前期の91億円から6割増、営業利益は65%増だという。

 主な増収効果として会社側が挙げているのが、14年8月に買収したセレクチュアーと、15年5月に買収した結婚式場選びの口コミサイト運営会社みんなのウェディング(東証マザーズ上場)。年商はセレクチュアーが14億円(13年7月期)、みんなのウェディングが18億円(15年9月期)なので、15年12月期にはセレクチュアーの1年分と、みんなのウェディングの7カ月分、合計で約24億円程度が乗っている計算になる。逆にいえば、56億円の増収分のうち、買収による連結子会社増収効果は24億円で、残り32億円はクックパッドの従来からの実力ということになる。

 営業利益はセレクチュアーが5942万円、みんなのウェディングが1億6900万円なので、クックパッドの連結営業利益にはほとんど貢献していない。

 クックパッド創業者の佐野氏は海外で育った帰国子女。慶應義塾大学出身で、大学卒業後すぐにクックパッドを設立した。天才起業家との誉高い人物である。一方、今回佐野氏と対立したかにみえた現社長の穐田氏は大卒後、ベンチャーキャピタルの日本合同ファイナンスに入社。独立してベンチャー投資会社を設立、カカクコムの社長を務めたこともある。07年からクックパッドの社外取締役を務め、佐野氏から後継指名を受けて社長に就任したのは12年。