NEW

スタバの仕掛け人、ハンバーガー界殴り込み瞬時に超人気店…各社一斉に高価格化で業界激変

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェイクシャック店舗(撮影=編集部)

 ファストフード業界は、高級ハンバーガーを競い合っている。

 ハンバーガー業界2位のモスフードサービスは昨年11月末、1000円を超える高級ハンバーガーを扱う新型店「モスクラシック」を東京・渋谷にオープンした。一方、フレッシュネスバーガーは同年10月、1000円超のバーガー店「クラウンハウス」を東京・吉祥寺で開業。また、ロッテリアも2014年6月からブランド牛を使った1000円超バーガーを販売している。

 1000円バーガーが相次いで登場したのにはわけがある。昨年11月に日本に初上陸した米ハンバーガーチェーン「シェイクシャック」に対抗するためだ。

 シェイクシャックは、2004年に米ニューヨークで誕生した新興チェーン。健康志向で、本格的な味を売りにしたグルメバーガーだ。14年に「サウスビーチ ワイン&フードフェスティバル」でベストバーガーに選ばれた。同年度版のレストラン情報誌「Zagat NYC」でも「最も人気のあるニューヨークのレストラン」に選出された。

 ニューヨークで新しいスタイルのハンバーガーショップとして人気を集め、世界9カ国で78店舗を展開。10カ国目として日本に進出。15年11月13日、明治神宮外苑に「シェイクシャック 外苑いちょう並木店」をオープンした。テレビの情報番組やグルメ雑誌が取り上げ、店の前には長蛇の列ができる人気店となった。

 日本で販売するハンバーガーの価格帯は税込みで700~1300円程度。これに対抗して国内の既存チェーンは高級ハンバーガーを売り出した。シェイクシャックの日本での展開で独占契約を結んでいるのはサザビーリーグ。流行の仕掛け人としてつとに有名だ。

アニエスベーやスターバックスで大ブームを巻き起こす

 サザビーリーグの創業者は会長の鈴木陸三氏だ。神奈川県逗子市出身で、青春時代に俳優の石原裕次郎らとヨット遊びに興じた“湘南ボーイ”。1966年明治学院大学文学部を卒業し、26歳から29歳までロンドンやパリ、ミラノなどを放浪。帰国後の72年にサザビー(現サザビーリーグ)を創業した。

「ひとつ先のライフスタイル」を提案し、バッグや生活雑貨、衣料品、飲食などの企画・販売で数々のブランドを発掘、育成してきた。

 81年に生活雑貨とティールームを複合したカフェ「アフタヌーンティー」をオープンしてカフェオレを持ち込んだ。83年には仏カジュアルブランド「アニエスべー」で、一大ブームを巻き起こした。