NEW

ビール1杯8百円…「酒ちょい飲み」スタバが残念すぎる!フードは冷めたラタトゥイユのみ

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スターバックス イブニングス店舗

 スターバックス コーヒー ジャパンは3月30日、東京・丸の内に酒や食事を提供する新業態店「スターバックス イブニングス(STARBUCKS EVENINGS)」をオープンしました。

「吉野家」や「日高屋」などの、長居せず出費を抑えて気軽に酒を飲む「ちょい飲み」がここ数年人気を博しています。両者はどちらかといえば男性客を意識した店ですが、スターバックスは女性でも気軽にちょい飲みしてもらえるよう、店舗空間をスタイリッシュに仕上げています。スターバックス イブニングスは、大人の女性に新しいライフスタイルを提案するとしています。

 筆者はオープン初日に同店を訪れました。店内は満席で活気にあふれていました。ゆったりくつろげるソファー席、バーカウンター席も用意されており、既存のスターバックスの店舗とは一線を画したつくりとなっています。

 アルコールはワインとビールを取り揃えています。ワインは赤ワイン、白ワイン、スパークリングがグラス1杯800~850円(税抜き、以下同)で、ワインとタルトレットがセットになったメニューは1200~1250円です。5種類用意されたタルトレットは単品だと380円で、それぞれに合ったワインとセットで販売されていますが、自由に組み合わせを変えることも可能です。ビールは、日本ではあまり見かけない800~850円の外国産が3種類置いてあります。

 酒のお供となるフードメニューは、トマトやナスなどをトマトソースで煮込んだ料理「ラタトゥイユ」(650円)1品のみです。一般のスターバックスの店舗で提供しているコーヒーや、スコーンなどのスイーツもあります。

 酒の値段は、ちょい飲みとしてはやや高めです。丸の内という都心では成り立つかもしれませんが、同じ価格帯で全国展開するのは厳しいように思えます。ただ、価格を下げてしまうと、居酒屋のようなイメージが定着してブランドイメージの悪化を招くリスクがあります。また、オペレーションも一般のスターバックスより煩雑化するでしょう。ブランドイメージを保つためには、ある程度高めの価格設定は致し方ないのかもしれません。