NEW
宮永博史「世界一わかりやすいビジネスの教科書」

病院のMRI検査、機器改良なしで泣き叫ぶ子供を激減させた方法とは?デザイン思考の本質

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
デザイン思考」という方法論がビジネスの世界で注目されている。米シリコンバレーにIDEOというデザイン会社があるが、その創業者が中心になってスタンフォード大学内に設置したデザインスクールがその発信地といえる。


 デザインというと狭い意味にとらえがちだ。しかし、デザインには設計という意味があることを考えると、製品やサービスの設計そのものもデザインであり、ビジネスモデルを設計するのもデザインということになる。

 利益をあげるための方法論を学ぶMBA(経営学修士)、技術をいかに利益につなげるかを学ぶMOT(技術経営)、そしてデザイン思考を学ぶデザインスクール。アプローチの仕方は異なるが、目指すところは同じである。顧客や利用者の立場に立って、魅力的なコンセプトを実現し、利益をあげて企業として継続していくことだ。

MRI受診を前に泣く子供たち

 
 デザイン思考の事例としてよく引き合いに出されるのが、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のエンジニアがMRI装置に関する問題を解決したケースだ。NHK Eテレが放映している『スーパープレゼンテーション』という番組がある。毎年開催される世界的講演会であるTEDカンファレンスで行われた、選りすぐりのプレゼンを紹介する番組だ。4月7日放映分でも、IDEOの創業者であるデビッド・ケリー氏がこの事例を紹介している。

 GEのエンジニアであるダグ氏は、自分が開発に携わったMRI装置に誇りを持っていた。ところがある日、病院でMRI装置が使われる様子を観察していると思わぬ場面に遭遇する。MRIを受診しようとしている子供たちが怖くて泣いているのだ。

 磁石が高速でうなりをあげて回転する狭い空間に入り、そこで長い間じっとしていなければならないのは、大人にとっても苦痛である。まして子供たちは怖くて泣いてしまうのが当然だ。正しい検査を受けるために、子供たちの80%が受診前に鎮静剤を打たなければならないという現実を突きつけられたダグ氏は、ショックを受けたのである。

あなたならどう解決しますか?


 さて、あなたがダグ氏ならこの問題をどう解決しますか?

 いろいろな解決法が考えられる。たとえば、子供だけで装置に入るのが怖ければ、親も一緒に入ってはどうか。そうしたら、子供は安心するのではないか。これも解決法のひとつかもしれない。