NEW

「味と品質にこだわりすぎの」モス、マックを蹴散らす…非効率経営でも業績絶好調の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モスバーガーの店舗(撮影=編集部)

 モスフードサービスは5月12日、2016年3月期決算を発表した。それによると、モスバーガー事業の売上高は前年同期比7.6%増の669億3700万円、本業の儲けを示す営業利益が74.5%増の59億1500万円となっており、好調だ。

 直近5年の売上高を見ると、12年3月期584億円、13年577億円、14年608億円、15年622億円、16年669億円とほぼ右肩上がりで大きく成長している。また、営業利益も12年3月期38億円、13年37億円、14年40億円、15年33億円、16年59億円と増加傾向にある。

 モスバーガーの成長を支えているのは、消費者のニーズにこたえた商品の存在だろう。モスフードサービス会長兼社長の櫻田厚氏が直接、全国の消費者と対話し消費者のニーズを探る「タウンミーティング」を行うなど、消費者視点の商品開発を行っている。タウンミーティングは11年から始まり、15年に47都道府県すべてで開催され、累計で約2000人の消費者との対話が行われた。

 15年5月より新「モスのモーニングバーガー」3品を投入し、朝食ニーズの掘り起こしを図った。「朝=モスバーガー」という認知を獲得する狙いだ。同年10月下旬からは「ご当地メニュー」として「釧路ザンタレバーガー 甘酢たれ」「中津からあげバーガー レモン添え」を販売した。

 さらに同年11月には、モスバーガーよりも高額路線となる「モスクラシック」を東京・千駄ケ谷にオープンした。「モスクラシック テリヤキバーガー」(税込1100円)や「アボカドバーガー」(同1150円)といった高品質で高価格のハンバーガーを上質な空間で愉しめるのが特長だ。

 15年12月から16年3月下旬までの限定販売で「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン」「とびきりハンバーグサンド 傑作ベーコン スライスチーズ入り」を発売した。パティは通常より約1.5倍の重量を使用し、ベーコンは厳選されたイタリア産の豚肉を使用している。ちょっとした贅沢を味わいたいという需要に対応した商品だ。

 指定の時間で受け取りが可能な「モスのネット注文」も業績向上に大きく寄与している。会員数は約25万人にもなる。「モス カード会員」であれば事前決済が可能となっており、利便性の向上を図っている。地域によっては配送サービスを行っており、一人暮らしのお年寄りでも手軽に利用できる。多様化する消費者のニーズに対応している。