NEW
山田まさる「一緒に考えよう! 超PR的マーケティング講座」

卵やチーズを「超越した」ビヨンドフード、世界的ブームの予兆…地球規模の食糧問題解決も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、私の周辺で、ある卵が話題になっている。その名は「ビヨンドエッグ」。どこが「ビヨンド(超越)」なのか。

 大豆をはじめとする豆類を原料としてつくられるのだが、ニワトリが産む従来の卵と比較して、安く生産できる。さらに、植物性の食糧としてビーガン(ベジタリアンのなかでも、乳製品や卵も食べない完全菜食主義者)にも受け入れられる。

 何より、養鶏業に比べて製造過程の二酸化炭素排出量も少なく、鶏の飼料用穀物(トウモロコシなど)もいらないので、それらの穀物は別に有効活用できる。生命の源である卵とはまったく異質のものだが、食糧としてのメリットは大きい。

ビヨンドエッグのパッケージイメージ

 ビヨンドエッグを開発したのは、2012年に設立された食品開発ベンチャー企業である米ハンプトンクリーク(HC)社で、その創業者はジョシュ・テトリック氏。彼は大学卒業後、アフリカの人道支援に関わった経験から、飢餓に苦しむ発展途上の国や地域に住む人々を救うため、この新しい食糧、植物性の卵の開発に取り組んだという。地球規模の食糧問題を解決する一つのアプローチとして、卵という代表的なたんぱく源を選び、それを最先端の科学技術で人工的に再現したというわけだ。

 日本に比べてベジタリアンやビーガンが多い米国では、大手スーパーマーケットでビヨンドエッグを使ったマヨネーズやサンドイッチが売られるほどに普及しはじめている。

 今年に入って、このテトリック氏の挑戦に、ビル・ゲイツをはじめとする著名な富豪たちが賛同し投資を始めたという報道が、日本でも話題になった。「シリコンバレーのベンチャーで、いま一番ホットな会社は卵をつくっている」と。

 さらに、今年の9月に入って、三井物産がHC社に投資することを発表した。近く日本の食品売り場でも、ノンエッグ(従来の卵不使用)だがビヨンドエッグ使用のHC社のマヨネーズを見かけることになるだろう。

日本発の“新豆乳”


 実は日本でも、同じような新しい食品を開発するプロジェクトが進んでいる。共通するのは、発想の原点が地球規模の食糧問題の解決にあること。そして、植物性のたんぱく源として「大豆」に着目し、製造技術によって変革を実現しようとしている点だ。