NEW

10倍結果を出せる人の思考法 グーグルで実践されている圧倒的な仕事術とは?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※画像:『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』(SBクリエイティブ刊)

「今よりも10倍結果を出せる人になってください」

 そう言われたら、一体どうすればいいのか悩む人は多いだろう。

「今の仕事で成果を10倍にするなんて無理だよ、10%の間違いじゃないか?」――そう思う人もいるはずだ。

 それでは何の話も進まない。

 なので、ヒントを授けよう。今のままで10倍の結果を出すことは難しい。劇的な変化が必要だ。それは仕組みの問題でもあり、個人のマインドにも大きな転換が要求されるのである。

 世界最大のIT企業の一つであるグーグルでは、常にこの「10倍の成果をあげよう」という目標を達成するために、みなが常にどうしたらいいかを考え、実現させているという。

 その結果、年間の生産性は従業員1人あたり1,259万円。これは日本企業のパナソニック(300万円)、日立製作所(311万円)の4倍近い生産性を誇ることができている。

 グーグルで人材開発に携わったピョートル・フェリークス・グジバチ氏が執筆した『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』(SBクリエイティブ刊)では、グーグルの驚異的な“神速”仕事術を公開している。

■10倍の成果を生み出すには「ルールを破れ」とは言うが…?

 「ブレイキング・ザ・ルールズ」とはよく言うものだが、10倍の結果を達成しようとしたら、それまでと同じことをしてはいけない。自分の中の前提や固定観念を壊すことが求められる。

 では、具体的に何をすべきか?

 グジバチ氏は何も難しいことは言っていない。例えば上司からの言われた仕事の方法が非効率的だったとする。そのとき別の効率的なやり方を知っているのであれば、率先して進言し、変えてしまえばいい。

 ルールを壊せる人は、たいていの場合「プチKY(空気が読めない)」だ。つまり、普段から変わり者として認識されておくことが大事なのである。

 いきなり空気が読めないことを言っても、誰もが「何を言い出すんだ?」と意に介さないだろう。しかし自分がそういうキャラクターとして認識されていれば、「この人の視線はある意味正しい部分もあるから考えてみるか」となる。

 それは、本書に書かれたグジバチ氏のこの言葉に尽きるだろう。

――周りの協力を得るためにも人間関係や信頼感が大事になる。次のレベルにいくためには、周囲から信頼され、尊重されることが必要なのだ。
(『世界一速く結果を出す人は、なぜ、メールを使わないのか』P108より引用)

 あなたが10倍の成果を出すためには、周囲のサポートや協力体制が必須だ。しかし、ルールを破ろうとする人をそう簡単にサポートしてくれはしない。だからこそ、信頼や尊重が必須なのである。

10倍結果を出せる人の思考法 グーグルで実践されている圧倒的な仕事術とは?のページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、Google仕事論効率化の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!