NEW

近距離客は「ゴミ」…タクシー運転手の隠語が秀逸!「大きな忘れ物」は?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全車に飛ばされる無線連絡。「感度8」は警察の“ネズミ捕り”を意味し、通過の際はスピードダウン必至だ。
「〇×ゼロ番地、入れるお車ありませんか?」


 タクシーに乗車中、こんな無線が聞こえてくることがある。私たちドライバーはわかる場所だが、乗客にはどこのことかわからないはずだ。

 あるとき、「運転手さん、ゼロ番地ってどこですか?」と聞かれた。

「どこだと思います?」

「わからない。住所にゼロってないよね?」

「はい。特別なところです」

「わかった。警察署でしょ」と言われたが、そうではない。

 火葬場である。

「あの世には番地がない」「霊(=0)からきている」など諸説あるが、いずれにせよ「火葬場」と耳にしていい気分になる人はいないため、無線係は隠語を駆使するわけだ。

 かくいう私も、新人時代は意味がわからなかった。「飛び地のこと?」などと想像したが、先輩ドライバーに聞いて「なるほど」と納得したのを覚えている。

近距離客は「ゴミ」、ヤクザは「トエンティー」


 このように、タクシー業界には多くの隠語がある。乗務を終えたドライバーのセリフの一例を挙げてみよう。

「今日は足切りに足りなそうで、ブッコミ覚悟でイッパツを狙ったんだよ。青タンだったけど、ハナ番なので我慢してね。ゴミだったらイヤだな、と思ってたらトエンティーが乗ってきて、なんとオバケだったよ。ロクまで出て助かったー」

 この会話、翻訳すると次のようになる。

「今日は売り上げが上がらないので、近距離客を引いたら自腹納金するつもりで、長距離客狙いの付け待ちをしたんだ。深夜の割増時間帯だったけれど、順番待ちの先頭なので離れずに我慢してね。近距離客だったらイヤだな、と思っていたところ、ヤクザ風の男が乗ってきて、超長距離客だった。おかげでノルマに達して、しかもチップまでもらえて助かったよ」

 各語の解説は、以下の通りだ。

足切り…ノルマ
ブッコミ…自腹納金
イッパツ…長距離客狙いの付け待ち
青タン…深夜割増料金
ハナ番…客待ちの先頭
ゴミ…近距離客
トエンティー…ヤクザ風の男(8+9+3=20からきている)
オバケ…思いもよらぬ長距離客(運転手にもよるが、私は2万円以上の乗客をオバケとしている)
ロク…チップ(余禄からきている)

絶対乗せたくない「カバンの忘れ物」とは?


 では、隠語を用いた無線連絡の例を記すので、意味を考えてみてほしい。

「JR錦糸町駅、赤ランプです」

 これは、「駅のタクシー乗り場が客であふれ、タクシーがいない」という合図だ。当然ながら、付近を走るタクシーは駅に車を向けるが、駅に向かう途中が「魚群」(街中に客があふれている状態)の場合、途中で「キャッチ」(流し営業で客につかまること)されると駅の乗り場に入れなくなる。そして、魚群もほとんどは「ハズレ」(思ったほど長距離ではない客。深夜ならおおむね1500円以下)である。

近距離客は「ゴミ」…タクシー運転手の隠語が秀逸!「大きな忘れ物」は?のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、タクシー無線運転手隠語の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!