NEW

『KUNOICHI』で「かわいい」と話題沸騰の泉ひかり、プロ級の●●だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
泉ひかり

 2014年に公開された、「忍者女子高生」という「サントリーC.C.レモン」のインターネットCMを観たことがある方も少なくないだろう。制服姿の女子高校生たちが熱海の街へ飛び出し、本物の忍者のようにバク転や飛び込み前転などのアクションを交じえながら追いかけっこするという、インパクトの強い内容だ。動画共有サイト「YouTube」での再生数は850万回(2017年7月時点)を超えている。

 しかし、このCMの彼女たちのアクションが、パルクールというフランス発祥の移動術(スポーツ)だったことを知っている方はどれくらいいるだろうか。

“走る・跳ぶ・登る”といった動作を組み合わせ、街中や公園などの障害物を次々と乗り越えていくのがパルクール。心身の鍛錬にも用いられており、パルクールに取り組む人々は「トレーサー」と呼ばれる。

 そして、くだんのCMにおいて忍者風のアクションをこなしていたのは、スタントウーマンではなく、泉ひかりさんという当時18歳のトレーサーだったのだ。

 11月で22歳になる泉さんは現在、米カリフォルニアの大学に留学しているものの、ここ最近は女性版『SASUKE』といわれるスポーツエンターテインメント番組『KUNOICHI』(TBS系)に2大会連続で出場。数々の障害物を流れるようにクリアし、圧倒的な成績で完全制覇まで目前に迫る快進撃を見せ、ニューヒロインとして一躍脚光を浴び、パルクールの認知度アップに大きく貢献している。

 今回、夏休みで一時帰国中の泉さんにインタビューを行った。『KUNOICHI』出場の裏話やパルクールに取り組むスタンス、そして未来の展望などを聞いた。

『KUNOICHI』で「かわいい」と話題沸騰の泉ひかり、プロ級の●●だった!のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、KUNOICHIサントリーパルクール忍者女子高生泉ひかりの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!