NEW
松村太郎「米国発ビジネス&ITレポート」

テスラ、トヨタ等の標準的セダンとの競合車投入…未知の快適運転体験を実現

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テスラ Model 3(「Wikipedia」より/Smnt)

 当サイトでは初めての連載となります、松村太郎です。2005年からテクノロジーとライフスタイルに関する執筆活動を開始し、11年に米国カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外の都市、バークレーへ引っ越し、仕事を続けています。今回から毎週、テクノロジーやビジネス、最新のカルチャーなど、米国生活で興味を持ったことを、コラムとしてお届けしていきたいと思います。ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

 さて、今回はシリコンバレーに本拠地を置く電気自動車メーカー、Tesla(テスラ)に関する話題だ。テスラは今年、大きな転機を迎えている。7月28日に、これまでとはまったく異なる価格帯の戦略車、「Model 3」をリリースし、自動車メーカーとしてより多くの顧客を迎え入れるフェイズへと突入するからだ。

 同社のCEO(最高経営責任者)、イーロン・マスク氏はTwitterで、予定よりも早く規制当局の審査が通過したことを報告し、最初の顧客30人への納車が7月28日になることを告知した。加えて、生産計画について、8月に100台、9月に1500台、そして12月までに毎月2万台のModel 3を生産していく計画を明らかにした

Model 3の魅力とは


 テスラ Model 3は、これまでのラインアップだった大型高級スポーツセダンModel S、7シーターの大型SUV Model Xよりも、小型で手ごろな価格を実現する戦略車だ。Model Sが6万9500ドル(およそ790万円)であったのに対し、Model 3は3万5000ドル(およそ400万円)。予約はオンラインで1000ドルを支払うだけで済む。
Model SとModel Xは、シャシーの98%をアルミニウム製としていたが、Model 3ではスチール部材をより多く用いるなど、コスト削減に対する工夫を行っている。また、電気自動車の要となる電池は、これまで使われてきた18650というセルから変更される。

 より大量の車両が納車されることになるModel 3向けには、パナソニックと協業でネバダ州リノに建設した「ギガファクトリー」で製造される2170という新しいセルが用いられるという。

 テスラ Model 3には大きな人気が集まっており、その受注は50万台ともいわれる。今日現在オーダーすると、納車されるのは1年以上先になってしまうほどの人気だ。

テスラ、トヨタ等の標準的セダンとの競合車投入…未知の快適運転体験を実現のページです。ビジネスジャーナルは、連載、テスラトヨタ自動車電気自動車の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!